AAAの紅白出場

それも、普通の音楽ユニットとは異なりAAAを結成するという目的のオーディションから選ばれたのではありません。
と言っても、元々かなり知名度自体は高かったように思います。AAAの知名度も、少しずつ上がってきているのではないでしょうか。
多く感じるかもしれませんが、AAAの曲はほとんどが何らかのタイアップをしており聞いたことがある可能性は高いです。
また、更に日本の年の瀬の風物詩とさえ言える紅白歌合戦への出場決定というニュースがAAAの名前を世間に広く知らしめました。
日本レコード大賞での最優秀新人賞受賞というニュースは、今のAAAを支えているといっても過言ではありません。
この時に楽曲を提供したのが小室哲哉氏という事もあり、二つの意味でAAAが大きくフィーチャーされました。
それを証明する訳ではありませんが、メンバーのなかにはオーディション合格後からAAA結成までに若干の空白期間が存在する方もいます。
そして今年、再び日本レコード大賞という大きな舞台で優秀作品賞を受賞してAAAへの注目度が高まりました。
AAAは、結成からまだ5年ほどしか経っていませんが20枚以上のシングル曲を展開しています。
AAAが世間的に大きく注目された年といえば、デビューした2005年が挙げられます。
AAAの所属する事務所があのエイベックスという事で、自然と注目する方は大きくなるのです。
昔ほど絶対的な存在ではなくなっているかもしれませんが、やはり紅白歌合戦の存在は大きくAAAに注目し始めた方も多いのではないでしょうか。
AAAを意識的にチェックしていなかったとしても、聞くチャンスは多いのです。
AAAにとって、今年は大きな意味を持つ一年だったと言えるでしょう。
毎年高い視聴率を誇っている紅白歌合戦にAAAが出場すれば、それまで知らなかったという方も知るキッカケになりますね。
紅白歌合戦からAAAの存在を知り、そのままファンになってしまう方もいるかもしれません。
もちろん、飛躍という意味で意味を持っているのです。
意外に多いと思われましたか。
そして今年の夏には、AAAとしてCDシングルのチャートで一位を獲得しました。
AAAのメンバーは、全員がエイベックスの主催するオーディションに出場して選ばれたという経歴を持っています。
メンバーのそれぞれがオーディションに合格してから、AAAを結成するという話が出てきたのです。
エイベックスと言えば、音楽業界では最王手とさえ言えるでしょう。
ただ、せっかくなのでこれからは少し意識してみませんか。
AAAに関する情報は、ブログやサイトを利用すると簡単にチェックすることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です