マツコ・デラックスの本

雑誌での連載もたくさんありますが、マツコ・デラックス著書の本もあります。
マツコ・デラックスの雑誌のエッセイは読んだのですが、どれも面白かったので、早く本も読みたいですね。
きっとマツコ・デラックスはトーク力だけでなく、文才もある人なのでしょう。
もちろん、どのように女装に目覚めたのか、恋愛についてなどマツコ・デラックスをもっと知りたい人にはぴったりの本ですね。
あの情報番組やトーク番組などでのマツコ・デラックスの辛口トークがそのまま本になっているのだとしたら、なかなか面白そうだと思いませんか。
これはマツコ・デラックスの自叙伝のような感じで、笑いあり、涙ありのエッセイになっています。マツコ・デラックスは辛口コメンテーターとして、テレビで大人気の女装タレントですが、コラムニストでもあります。
マツコ・デラックスの最初の本は、2002年のアタシがマツコ・デラックス!なので、今のように人気が出る随分と前になります。
サイトなどでマツコ・デラックスの本のレビューを見ても、面白い、大爆笑できるとすごく好評ですね。
マツコ・デラックスの華麗なる職歴も披露されていて、読み応えたっぷりです。
どれもマツコ・デラックスおなじみの毒舌エッセイのようですが、大笑いできそうでまだ読んでない私はとても楽しみです。
ついでにこの本にはマツコ・デラックスのグラビアも載っているとか。
本って一度読んで終わってしまう本と、何度も読みたくなる本があると思うのですが、マツコ・デラックスの本なら何度読んでも大爆笑できるかもしれません。
マツコ・デラックスのグラビア・・・こればかりは見たいような見たくないような、ちょっと複雑な気分です。
マツコ・デラックスの著書にはその他、調べてみると世迷いごとや中村うさぎとの往復書簡などがあります。
マツコ・デラックスの文字通り体を張った生き様が垣間見え、ちょっと楽に生きるためのヒントなどもちりばめられています。
マツコ・デラックスの職歴を見ると、美容師や雑誌の編集者をしていたり、フリーライターもしていたりと華やかですね。
実は私、まだマツコ・デラックスの本を読んだことがなく、読んでみたいなあと思っているのですが、時間がなく、ただいまお預け状態です。
落ち込んだ時にはマツコ・デラックスの本がいい薬になるかも・・・。
あなたもぜひ、大爆笑間違いなしのマツコ・デラックスの本を読んでみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です