レディ・ガガのPV

レディ・ガガのPVは、ファッション同様、いろいろな趣向が凝らされています。
インターネットではそういったレディ・ガガのPVを見ることができます。
わたしなどは、PVといえばレディ・ガガよりもAKB48や少女時代のを見てしまうんですが。
身体にぴったりしたタイツみたいなものを着ており、背中を向けてかがむと、お尻の割れ目がわかるという、レディ・ガガらしいセクシーさ。
いや、レディ・ガガ以外の若い女性がセクシーなのであれば、何ら文句はありません。
やっぱりレディ・ガガのような、若い女性の、セクシーなPVを見たいところです。
棺桶のような所から出てくる、髪を逆立てたような恰好のレディ・ガガも入っているのか、とにかく数人。
ほかにも、PVではライダージャケットの下に黒い下着という衣装も披露してくれたレディ・ガガです。
また、「アレハンドロ」では、キリスト教徒の使う、ロザリオと言いましたか、それを食べてしまうシーンがあります。
今回、インターネットを利用してレディ・ガガのPVを見てみることにしました。
とりあえず検索でひっかかったのは、レディ・ガガ「Bad Romance」という曲のPVです。
こういうところはさすが、世界をリードするレディ・ガガのPVというところですかね。
見てみたら、レディ・ガガの独特のセンスには本当に圧倒されてしまいますねえ。
レディ・ガガのPVを見るのに、男のセクシーさなんか期待していないのですがね。
まあ、セクシーなのはわれわれ男性にとってはうれしいものですので、レディ・ガガには頑張ってほしいです。
このPVではレディ・ガガは手でハートマークらしきものを作ったりもして、それはちょっとキュートです。
レディ・ガガは宗教界に喧嘩を売っているような気がしてしまいますね。
レディ・ガガの、ほかのPVを探して、「Judas」という曲を見つけました。
見ちゃいましたよ、真っ赤な派手な下着で踊る、大胆なレディ・ガガの姿を。
そういうことより、世の単純な男達は、レディ・ガガがPVでどんなセクシーな姿を見せてくれるかの方が問題です。
レディ・ガガには頑張ってほしいのですが、ほかの人がPVでセクシーになっていてもねえ。
聖書にモチーフをとっており、キリスト教の抗議なども来るかもしれないとレディ・ガガは言っているらしいですが。
いきなり網タイツが出てきた、と思ったら、はいているのは男なんですよね、しかも上半身裸だからたちが悪い。
ところが、レディ・ガガの「アレハンドロ」という曲のPVになると、見るのがつらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です