キム・ヒョンジュンのツイッター

キム・ヒョンジュンは2011年6月にアジア各国で同時デビューを果たした韓国のシンガーです。
現在はソロシンガーですが、キム・ヒョンジュンは以前はSS501という韓国ポップスグループのリーダーでしたね。
微妙に本人らしいのもあるようですが、ブログやサイトなどで調べてみると、キム・ヒョンジュン自身のアカウントは現在ないとのことです。
もう一人のキム・ヒョンジュンは、年下なので末っ子という意味のマンネと呼ばれているそうですよ。
キム・ヒョンジュンだけでなく、メンバー全員が別々の事務所になってしまったので、SS501の活動はできなくなってしまったのですね。
ただ中には本人でない人が本人を語っている場合もあるようで、正直混乱してしまうこともあります。
でも、今回、キム・ヒョンジュンは韓国だけでなく、日本やその他アジアでソロシンガーとして再デビューを果たし、注目を集めています。
キム・ヒョンジュンでツイッターアカウントを検索すると、ほとんどがファンの人のアカウントになっています。
SS501のメンバーでもう一人、マンネと呼ばれるキム・ヒョンジュンのツイッターアカウントは見つかったのですが・・・。
ファンとしては、キム・ヒョンジュンなど自分の好きな芸能人と直接触れ合うこともできて、嬉しいですよね。
キム・ヒョンジュンのツイッターのアカウントをブログやサイトなどで調べてみたのですが、見つかりませんでした。
キム・ヒョンジュンなどの芸能人は最近、ファンとのコミュニケーションツールとして、ブログやツイッターなどを利用している人が多くいます。
キム・ヒョンジュン誕生会の様子がツイッターで公開されているということで見てみましたが、誕生日の日付から考えるとマンネの方ではないかと思います。
写真を見ても実はいまだにどちらがどちらのキム・ヒョンジュンなのか、よく分かっていない私です。
キム・ヒョンジュンは、所属事務所を2010年に移籍したため、シンガーとしての活動はしばらくお休みとなっていました。
きっと、ツイッターをする暇もないほど、キム・ヒョンジュンはますます忙しくなるのではないでしょうか。
キム・ヒョンジュンのアジアプロモーションの握手会でも多くのファンが詰めかけていましたね。
キム・ヒョンジュンのツイッターは残念ながらないようですが、今後は全国ツアーもあり、ファンとの交流の機会も増えそうです。
このSS501には、読み方が全く同じキム・ヒョンジュンがもう一人いるため、区別するためにリーダーと呼ばれています。
それにしても、キム・ヒョンジュンという名前だけで検索してみるとあまりにもたくさんのアカウントが見つかって驚きました。

キム・ヒョンジュンのCD

しかしながら、2010年にSS501と所属事務所との契約終了を持ってキム・ヒョンジュン他メンバー全てが事務所を移籍します。
花より男子、台湾や日本でもドラマ化されていますが、日本の漫画って本当に人気がありますね。
日本だけでなく、アジア各国でも今後キム・ヒョンジュンのツアーが行われる日も近いのではないでしょうか。
また、花より男子と同じく日本の漫画が原作のイタズラなKissでも、キム・ヒョンジュンは主演を務めています。
この漫画も台湾や日本でドラマ化され、キム・ヒョンジュン演じた入江直樹役は日本では柏原崇が演じていました。
ファーストアルバムのCDだけでなく、セカンドアルバムもキム・ヒョンジュン自身のアイデアを取り入れながら作られているようです。
でも、キム・ヒョンジュンのプロフィールを調べてみると、最初はSS501のメンバーとしてCDデビューしています。
また、日本だけでなく、キム・ヒョンジュンはアジア各国でもプロモーションを行っています。キム・ヒョンジュンは、花より男子の花沢類役で人気を集めた韓国の俳優ですが、シンガーでもあります。
このため、SS501としてのキム・ヒョンジュンの活動は現在無期限での停止状態となっています。
そして2011年6月、キム・ヒョンジュンはソロシンガーとしてCDデビューをしました。
セカンドアルバムは2011年秋に発売となり、11月にはキム・ヒョンジュンの全国ツアーもあるので、楽しみですね。
ソロCDデビューを果たしたキム・ヒョンジュン、今後の活躍がますます楽しみです。
キム・ヒョンジュンの最初のCDデビューは2005年SS501というポップグループでの警告という曲でした。
日本でもキム・ヒョンジュンのショーケースが開催されましたが、韓国通常版CDを予約購入した人が抽選で1000名招待されました。
このキム・ヒョンジュンのファーストアルバムは、アジア各国で2011年6月8日に同時発売されています。
キム・ヒョンジュンのファーストミニアルバムとなるCDは5曲と少なめですが、すでにセカンドアルバムの発売も決定しています。
キム・ヒョンジュン初の全国ソロツアーは、大阪、札幌、仙台、広島、横浜、名古屋、福岡と7か所が予定されています。
実は私は日本版しか見ていないのですが、キム・ヒョンジュン演じた花沢類がドラマの中では一番好きでした。
歌手に俳優に、また最近ではバラエティー番組とキム・ヒョンジュンは引っ張りだこですね。

キム・ヒョンジュンのショーケース

キム・ヒョンジュンに関して調べてみると、ショーケースに関する記事がたくさん見つかります。
キム・ヒョンジュンのショーケースは日本でも2011年7月29日にZEPP TOKYOにて行われました。
1000名はキム・ヒョンジュンの日本語版公式サイトで見ると、韓国通常版を予約して購入した人が抽選で選ばれたようですね。
キム・ヒョンジュンのファーストソロアルバムとなるBreak Downのショーケースは韓国だけでなく、日本でも行われました。
俳優としても魅力のあるキム・ヒョンジュンですが、これからの歌手活動もますます期待が高まりますね。
韓国でのキム・ヒョンジュンのショーケース、4000人ものファンを無料で招待したとのことですが、すごいですね。
また、日本からもツアーが組まれ、韓国のキム・ヒョンジュンのショーケースに参加したファンもいたようですよ。
ちなみにこのキム・ヒョンジュンのファーストアルバムはアジア全域で2011年6月8日に発売されています。
日本のキム・ヒョンジュンのショーケースは1500名のファンや報道陣が集まったとのことです。
日本でのキム・ヒョンジュンショーケースの前にはトーク形式でのインタビューもあり、2011年11月に日本全国ツアーを行うことが発表されました。
台湾では、キム・ヒョンジュンは韓国芸能人として初のトーク番組にも出演し、大きな話題となりました。
また、キム・ヒョンジュンのセカンドアルバムのリリースについても発表され、ファンにとっては待ち遠しいのではないでしょうか。
キム・ヒョンジュンの日本でのショーケースは7曲を披露し、多くのファンを魅了しました。
この後、キム・ヒョンジュンは、アジア各国を巡るアジア・プロモーションを行っていて、大忙しです。
SS501のメンバーとしてシンガーとしてすでに実績のあるキム・ヒョンジュンですが、今回2011年6月がソロシンガーとしてのデビューだったのですね。
この日は、7曲ではありましたが、キム・ヒョンジュンの全国ツアーではセカンドアルバムも発売されているので、もっと多くの曲が楽しめるのではないでしょうか。
ブログやサイトなどの情報によると、このキム・ヒョンジュン日本でのショーケースには15000名もの応募があったとのことです。
ベトナムや台湾などでも、多くのファンからキム・ヒョンジュンは歓迎されたようですね。
ショーケースって日本ではあまり聞かない気がしますが、新曲発表会といった意味でキム・ヒョンジュンなど韓国アーティストの新曲発表などのよく使われています。
4000人規模で無料で行われたショーケースは、韓国でも異例のことだったとのことです。

キム・ヒョンジュンのファンクラブ

また、日本語公式サイトでも会員登録できるようになっていますが、こちらはファンクラブではなく、キム・ヒョンジュンの動画などが見られるサービスになっています。
そういえば、先日ペ・ヨンジュンのドラマにキム・ヒョンジュンが少しだけでていましたね。
日本だけでなく、他の国などのキム・ヒョンジュンの活動を知るには韓国版の公式サイトがいいのかもしれませんね。
ほんの少しでしたが、キム・ヒョンジュンとペ・ヨンジュンの先輩後輩初共演だったようです。
キム・ヒョンジュンは、元々SS501というグループにいたのですが、SS501と事務所との契約が終了した2010年にキー・イーストに移籍しました。
ちなみにキム・ヒョンジュンたちSS501のメンバー全員が前の事務所を移籍してしまったために、現在SS501は活動停止状態となっています。
キム・ヒョンジュン一人ではなく、全員が移籍してしまうっていうのもすごいですね。
キム・ヒョンジュンのファンクラブサイトは韓国語になっていますので、韓国語の勉強にもなるのではないでしょうか。
キム・ヒョンジュンの公式サイトは日本語版もありますが、基本的に日本での活動を中心に紹介されています。
500以上もの応募があった中から、ファンクラブの名前はキム・ヒョンジュンのHとラテン語で祝福されるという意味のbeneciaをあわせたHeneciaに決定しました。
また、キム・ヒョンジュンの公式サイトがハッカーの被害にあってしまい、一時期サイトがクローズし、驚いたファンも多かったのではないでしょうか。
現在は、ファンクラブ会員の応募は締め切っていますが、キム・ヒョンジュンの公式サイトは見れるようになっています。
キム・ヒョンジュンファンクラブHeneciaの発表と同時に会員の募集もあったのですが、ものすごく多数の応募があったようですね。
ただ、キム・ヒョンジュンの公式サイトは韓国語になっているため、ファンクラブに応募するのもみなさんかなり苦労されたのではないかと思います。
また、デビューと同時にキム・ヒョンジュンの韓国版公式サイトではファンクラブを設立し、ファンクラブの名前もファンから公募しました。キム・ヒョンジュンは、キー・イーストという事務所に所属する韓国の俳優兼歌手です。
ファンクラブは会費が必要になりますが、キム・ヒョンジュンの日本語公式サイトの会員登録だけだと無料になっています。
ファンクラブもできて、これからの活躍が期待されるキム・ヒョンジュンをブログやサイトなどで調べてみませんか。
キム・ヒョンジュンは、移籍度、ソロシンガーとして再デビューを果たしました。
キム・ヒョンジュンの所属するキー・イーストには、日本でもブームとなったペ・ヨンジュンが所属しています。

キム・ヒョンジュンのツアー情報

SS501では二人のキム・ヒョンジュンを区別するために、リーダーと呼ばれています。
キム・ヒョンジュンが全国ツアーで訪れるのは、大阪、札幌、仙台、広島、横浜、名古屋、福岡の7都市です。
韓国を加えると8か国で歌手デビューしているキム・ヒョンジュンは、すごいですね。
それも、全員が別の事務所で、SS501の権利は元の事務所ということですから、SS501としてのキム・ヒョンジュンを見るのは、まだまだ先になりそうですね。
日本への来日の度に空港がファンで埋め尽くされるというニュースが流れるキム・ヒョンジュンですが、アジア各国でも多くのファンが待っていたようです。
マンネって末っ子という意味だそうですが、二人のキム・ヒョンジュンの歳の差は1歳だけなんですね。
でも、キム・ヒョンジュンたちSS501のメンバーは仲がいいようなので、また別の形でみんなが揃ったところを見られるかもしれません。
キム・ヒョンジュンは、現在はソロシンガーとして活躍していますが、デビューはSS501というアイドルグループでした。
キム・ヒョンジュンの公式サイトでは、2011年11月全国ツアーを行うことが発表されています。
俳優としてだけでなく、ソロシンガーとしても活躍するキム・ヒョンジュン、全国ツアーが楽しみですね。
数年前までは、J-POPの多かったアジア各国ですが、最近ではキム・ヒョンジュンのような韓流スターの人気も高まっています。
現在、SS501は、キム・ヒョンジュンら全てのメンバーが所属事務所を移籍してしまったため、無期限の活動停止となっています。
11月はキム・ヒョンジュン、日本を東へ西へと行ったり来たりで忙しいですね。
また、キム・ヒョンジュンが台湾に訪れた際には、台湾の人気トーク番組にも韓国芸能人として初めて出演しました。
私は知らなかったのですが、このグループには、もう一人マンネと呼ばれるキム・ヒョンジュンがいます。
2011年8月には、日本をはじめ、ベトナム、タイ、シンガポール、マレーシア、台湾、フィリピンの7か国を訪問しています。
それにしても、キム・ヒョンジュン、1ヶ月で7か国も訪問するなんて、かなりのハードスケジュールです。
俳優として見せてくれる姿とはまた違ったキム・ヒョンジュンを見ることができるのではないでしょうか。
公式サイトでは、キム・ヒョンジュンの全国ツアーは、2万人規模になるようです。キム・ヒョンジュンは、日本だけでなく、アジア各国でも活躍をしている韓国の歌手、そして俳優です。

キム・ヒョンジュンの来日予定

キム・ヒョンジュンだけではありませんが、色んな国の歌手や俳優の人たちって結構来日されていますね。
次から次へとキム・ヒョンジュンなど若手の俳優や歌手が来日するので、正直、私には誰が誰だか分からなくなってきています。
といっても私の場合はキム・ヒョンジュンだけでなく、どこの国の俳優や歌手が来日してもあまり分かっていないのですが。
無期限の活動停止のようですが、キム・ヒョンジュンのインタビューなどを見ると仲間割れではないようなので、いつか再結成があるかもしれませんね。
余計なお世話ですけど、キム・ヒョンジュンのファンのみなさんってお仕事や学校はどうされているのでしょうね。
先日、キム・ヒョンジュンが来日した時も空港にはものすごくたくさんのファンが詰めかけたとのニュースがありました。
キム・ヒョンジュンは、日本に来日するだけでなく、ベトナムやシンガポールといったアジアにもファンとの交流のために行っていて、国の枠を超えて活躍をしています。
日本でもキム・ヒョンジュンの出演する花より男子は放映されていたので、観た人も多いのではないでしょうか。
また、同じく原作が日本の漫画であるイタズラなKissにもキム・ヒョンジュンは主演していますね。
今後も歌手に俳優にと幅広く活動するキム・ヒョンジュンの活躍が楽しみですね。
こちらのキム・ヒョンジュンは、年下ということもあり、末っ子という意味のマンネと呼ばれています。
しかしながら現在は、キム・ヒョンジュンを始めとするメンバーが所属事務所をそれぞれ移籍してしまったためにSS501は活動停止となっています。
キム・ヒョンジュンは2005年にSS501という韓国のアイドルグループからデビューしました。
このため、キム・ヒョンジュンは、現在ソロで歌手活動を行っています。
またまた余計なお世話ですけど、キム・ヒョンジュンなどの有名な人たちが来るたびに空港の警備も大変だなあと思ってしまいます。
原作が日本の人気漫画、花より男子は台湾でまずドラマ化されましたが、その後日本、そして韓国でもドラマ化されキム・ヒョンジュンも出演しています。
何百人という人がキム・ヒョンジュンに会うために空港に詰めかけたというのですからすごいですね。
このSS501でキム・ヒョンジュンは、リーダーを務めており、ファンからもリーダーと呼ばれています。
キム・ヒョンジュンは歌手活動だけでなく、俳優としても活躍しています。
SS501には、漢字で書くと違いますが、読み方が同じキム・ヒョンジュンがもう一人います。

キム・ヒョンジュンのドラマ

一般に韓流ドラマと呼ばれるものは、ほとんど知りませんが、キム・ヒョンジュンが出演した花より男子のように日本の漫画が原作のものは分かります。
私は、キム・ヒョンジュンだけでなく、ほとんど韓国の俳優を知らないのですが、私の友人は好きな韓国の歌手が来日する度にコンサートに行っています。
キム・ヒョンジュンも出演していたドラマ、花より男子は、台湾や日本でもドラマ化され、漫画の人気もあって、好評でしたよね。
ブログやサイトなどでキム・ヒョンジュンの出演しているドラマを調べてみませんか。
このドラマもキム・ヒョンジュンの出演している花より男子と同じく、台湾版もあります。
また、別の友達は台湾の俳優がお気に入りで、色々話を聞くのですが、こちらもさっぱり分かりません。
イタズラなKissも元は日本の漫画ということなので、キム・ヒョンジュンは2本も日本の漫画の韓国版に主演していることになります。
キム・ヒョンジュンの出演したドラマの中に、もうひとつ日本のドラマの韓国版があります。
イタズラなKissというドラマで、日本版では柏原崇が演じた入江直樹役をキム・ヒョンジュンが演じています。
私、このドラマはあまり覚えていないのですが、相手役が佐藤藍子とのことなので、かなり前のドラマですね。
キム・ヒョンジュンは、現在、日本でもブームとなったペ・ヨンジュンと同じ事務所に所属しています。キム・ヒョンジュンなどの韓国の俳優や歌手が日本でも一部で人気がありますね。
キム・ヒョンジュンは、日本版ドラマでは小栗旬が演じた女性に人気の花沢類役を演じていました。
キム・ヒョンジュンは、俳優としてドラマに出演するだけでなく、歌手やDJとしても活躍しています。
元々は、キム・ヒョンジュンはSS501というグループのリーダーとしてデビューしたのですが、現在このグループは活動中止となっています。
また、日本だけでなく、アジアでもキム・ヒョンジュンは活動していて、国を超えた活躍が期待されます。
でも、ソロでもキム・ヒョンジュンは歌手活動を続けており、日本でもコンサートツアーを行うとのことなので、ファンの人は楽しみなのではないでしょうか。
先日、韓国で放映されたペ・ヨンジュン出演のドラマでは、キム・ヒョンジュンも少しだけでていたようですね。
今後は、兵役に行くことも明言しているキム・ヒョンジュンなので、ファンとしては少しさびしくなるかもしれませんね。
実は私からすれば、台湾の俳優もキム・ヒョンジュンのような韓国の俳優も、そして日本の若手俳優もみんな同じに見えてしまっています。

キム・ヒョンジュンのブログ

キム・ヒョンジュンに関して調べてみると、ブログなどでたくさんの情報を見つけることができます。
私は、キム・ヒョンジュンという人を知らなかったのですが、ブログなどを見ていると結構ファンの人が多いのですね。
台湾でドラマ化された時もかなり人気がありましたが、キム・ヒョンジュンたちの出ているキム・ヒョンジュンも人気がありますね。
綺麗な顔立ちの多いキム・ヒョンジュンなどの韓国の俳優は、タイなどでは人気がありそうですね。
それも、日本版では小栗旬が演じた花沢類役だったということで、改めてキム・ヒョンジュンの写真を見て、なるほど、と何となく納得してしまいました。
歌手としても人気のあったようですが、残念ながらキム・ヒョンジュンの所属していたSS501というグループも知りませんでした。
ベトナム、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、そして日本と1ヶ月で7か国を巡るというのですから、キム・ヒョンジュンは大忙しですね。
日本、韓国、台湾、そして原作の漫画と合わせて見比べるのも面白いかもしれませんね。
現在では、キム・ヒョンジュンは、歌手、俳優、DJなど幅広い活動を行っています。
ただ、2010にSS501として所属していた事務所との契約が切れると、キム・ヒョンジュンを始めメンバー全員が所属事務所を移籍しました。
キム・ヒョンジュンは、ブログやサイトなどの情報によると、2005年6月でSS501から警告というシングル曲でデビューしています。
個々の管理と、グループの管理が別の事務所で、その事務所もバラバラだと、調整が大変そうですね。
日本でも、今後キム・ヒョンジュンのソロコンサートが始まるということなので、ファンの人は楽しみなのではないでしょうか。
キム・ヒョンジュンたちの事務所が違っても、活動できないということはないと思うので、またいつかSS501として活動できることを期待したいものです。
キム・ヒョンジュンに関する情報を紹介しているブログによると、現在、日本だけでなくアジア各国でもプロモーションを行っています。
プロフィールを見ても、ほとんど分かりませんでしたが、唯一キム・ヒョンジュンの出演しているドラマ、花より男子を見つけました。
また、キム・ヒョンジュンのデビューとなったSS501に関しては、メンバーが全員違う事務所のため、活動が難しく、活動停止中となっています。
アジアでも精力的に活動を行っているキム・ヒョンジュンの情報をブログなどで調べてみませんか。
でも、ブログなどのキム・ヒョンジュンに関する記事によると、別に仲間割れというわけではなさそうなので、ファンの人は安心なのではないでしょうか。
それにしても、キム・ヒョンジュンが巡るアジア近隣諸国の中でどうしてインドネシアだけが入っていないのか、気になります。

キム・ヒョンジュンのプロフィール

テレビでキム・ヒョンジュンを見た時に、背の高い人だなとは思っていましたが、182cmもあったんですね。
キム・ヒョンジュンは、兵役に行くとのことなので、兵役が終わってたくましくなった彼を見たいものです。
キム・ヒョンジュンのプロフィールを見ると、これまでのテレビドラマやコメディなどの出演作が分かります。
公式サイトによると、キム・ヒョンジュンは1986年6月6日生まれで、身長が182cmになっています。
所属グループのSS501としてなのかキム・ヒョンジュン個人としてなのかは分かりませんが、たくさんの賞を受賞していますね。
どこかのサイトで花より男子がキム・ヒョンジュンのテレビ劇場デビュー作というのを見たことがあるのですが、それより前にもテレビドラマに出演しているようです。
また、キム・ヒョンジュンは兵役に行くまでの活動計画を立てているというのですから、すごいなあと思います。
キム・ヒョンジュンは、韓国の成人男子として義務が課せられている兵役に数年以内に行くことになっています。
このSS501には、片仮名で書くと同じキム・ヒョンジュンがいるため、区別するためにリーダーと呼ばれています。
私が見たのは、キム・ヒョンジュンに関する韓国の記事を翻訳したものだったようなので、翻訳が何かおかしかったのかもしれません。
日本には兵役がないため、少し分かりにくいですが、韓国では度々若手俳優などが兵役逃れをしているということが話題に上がっています。
残念なことに、SS501はキム・ヒョンジュンを含むメンバー全員が所属事務所をバラバラに移籍してしまったため、現在は活動停止となっています。キム・ヒョンジュンのプロフィールは、公式サイトやブログなどで調べることができます。
でも、兵役を終えた俳優さんの中には、それまでの少し可愛らしい感じが男らしくなり、ますます素敵になっている人もいます。
キム・ヒョンジュンは、歌手としても活躍していて、現在はソロで活動をしていますが、デビューはSS501というグループでした。
まだ、キム・ヒョンジュンがいつから兵役に行くかは分かっていませんが、インタビューなどでは行くことをはっきりと明言していますね。
ちなみに、もう一人のキム・ヒョンジュンは、末っ子という意味のマンネと呼ばれています。
キム・ヒョンジュンのように人気商売である彼らはたとえ数年としてもファンの前に姿を出さないのは不安なのかもしれませんね。
でも、SS501のメンバーの仲はいいとキム・ヒョンジュンのインタビューにありましたので、またいつか活動再開になるといいですね。
歌手としても俳優としても活躍しているキム・ヒョンジュン、これからのますますの活躍が期待されます。

キム・ヒョンジュンとは

キム・ヒョンジュンのような韓流だけでなく、最近は日本の若手俳優さんたちもみんな同じに見えてしまう私です。
でも、末っ子といっても、この二人のキム・ヒョンジュンの年齢差は一つで、他のメンバーとは同い年のようです。
花より男子の中でも、個人的にはキム・ヒョンジュンの演じた花沢類が一番好きでしたね。
日本でも所属事務所が違うメンバーが一つのユニットを作っている例がありますので、キム・ヒョンジュンのSS501も活動再開できるといいですね。
こちらのキム・ヒョンジュンは、リーダーとの混同を避けるため、韓国語で末っ子の意味を表すマンネと呼ばれています。キム・ヒョンジュンとは、誰のことかと調べてみたら、韓国版花より男子の花沢類役の人だったんですね。
ということで、キム・ヒョンジュンに関して、少しブログやサイトなどで調べてみました。
キム・ヒョンジュンは、俳優としても活躍していますが、歌手としても活動しています。
キム・ヒョンジュンの所属しているのは、SS501という韓国のアイドルグループです。
花より男子って、元々日本の漫画なのに、台湾、日本、韓国とあってそれぞれがキム・ヒョンジュンのようなイケメン俳優が演じていて面白いなと思います。
ちなみにこのSS501というグループには、もう一人片仮名書きでは同姓同名のキム・ヒョンジュンがいます。
キム・ヒョンジュンは、SS501では、リーダーだということですが、確かに面倒見のよさそうな感じですね。
といっても、私はキム・ヒョンジュンの演じた花沢類ではなく、小栗旬の花沢類しか見たことがないのですが・・・。
ただ、調べてみるとキム・ヒョンジュンの所属しているSS501はメンバーが全員所属事務所を移動してしまい、活動停止状態になっています。
キム・ヒョンジュンは、現在、日本でも公式サイトがあり、韓国だけでなく、日本にも活躍の場を広げています。
キム・ヒョンジュンの所属しているSS501も活動停止中ではあるものの日本語版公式サイトがあります。
正直、韓流と呼ばれる人たちに疎い私には、キム・ヒョンジュンの顔がすぐに思い浮かびません。
SS501としては無理なようですが、今後キム・ヒョンジュンのソロコンサートも開催されるようなので、ファンにとっては嬉しいのではないでしょうか。
今後数年以内にキム・ヒョンジュンは兵役に行くことになるようですが、それまでの目標もあるようなので、頑張って欲しいなと思います。
韓国版花より男子の花沢類役で人気のキム・ヒョンジュンをブログやサイトなどで調べてみませんか。