三浦春馬の出演映画

三浦春馬の出演している映画やドラマって調べてみるとすごく多いんですよね。
プロフィールを見てみると、三浦春馬って子役デビューしているそうで、すでに俳優さんとして15年ぐらい活躍しています。
まだ20歳を過ぎたところなのに職歴が15年って三浦春馬すごすぎるわ、と一人感心してしまいました。
三浦春馬は、ドラマのデビューは7歳ぐらいだったようですが、映画も子役時代から出演しています。
授賞式には青山真治監督のみが出席して、三浦春馬は行かなかったようですが、国際映画祭での受賞とはすごいですね。
最近は日本の映画が面白くなってきたとよく聞き、実際多くの邦画が上映されているので、映画での三浦春馬を見る機会も増えているのかもしれませんね。
それも三浦春馬の出演する1999年に公開された映画は金融腐食列島 呪縛と、Nile ナイルの2本があります。
全く映画に出演していない年もありますが、最近の三浦春馬は、1年に2、3本の映画に出演していることが分かります。
三浦春馬主演のこの東京公園は、青山真治監督で、ロカルノ国際映画祭で金豹賞審査員特別賞を受賞しています。
一年に2本の映画に出演するなんて、子役のから三浦春馬って注目を集めていたということなんでしょうね。
私は三浦春馬の出演している映画を全く見ていないのですが、出演作を見ていて、見たいなと思った映画がありました。
三浦春馬は9歳で映画に出演してから現在までで15本ほどの映画に出演しています。
最初の映画出演は1999年ということなので、三浦春馬がまだ9歳の時です。
三浦春馬の出ている映画、他にも面白そうな映画があったので、今度ぜひ、見てみようと思います。
三浦春馬出演の映画の最新作は、2011年6月に公開された東京公園という映画です。
小路幸也原作の同名小説が映画化されたとニュースで見たことがありましたが、三浦春馬が主演だったんですね。
アキハバラ@DEEPという映画で、原作は石田衣良の小説で、私は文庫本で読んだのですが、面白くてあっという間に読み終わった気がします。
この小説、三浦春馬の出ている映画だけでなく、ドラマにもなっていたなんて全然、知りませんでした。
ロカルノ国際映画祭って私は、初めて聞いたんですけど、スイスで1946年から毎年開催されていて、今年で64回目の開催になるんですね。
今後もドラマやCMだけでなく映画でも三浦春馬の活躍が期待されるのではないでしょうか。