Perfumeのブログ

Perfumeが行っているブログについて語っていきますが、ここで語るブログは、彼女たちが運営しているものではないですね。
私は、Perfumeのファンで、メンバーのどの方も好きなので、限定することができないのですが、この公式ブログは、そういう方にとって良いものと言えるでしょう。
Perfumeは公式ブログという形で行われていますが、現在では歌手やお笑いタレント、俳優、スポーツ選手、色々な方が個人的にブログを行っています。
具体的には、Perfumeの関係者が行っている公式なブログという書き方の方が、正しいのではないかと思います。
Perfumeというユニット自体のファンであれば、この公式ブログは、3人全て網羅しているブログであるので、とても有益です。
そして、Perfume個人個人のファンの方でも、彼女たちの1人1人からのメッセージも見てとれるので、満足する事はできるとおもいます。
私としては、Perfumeのファンが今後もどんどんとふえて、ブログが更に多くの情報を得られる場となる場になることを願っています。
もしかしたら、私自身知らない所で、Perfumeの個人的なブログが出来ているのかもしれませんが。
そうかんがえてみれば、Perfumeの公式ブログという形は、このまま現状維持で行っていった方が良いではないでしょうか。
今や、個人ブログは、ファンの交流場として、大きな役割を示しているものだと言えますが、Perfumeの個人個人で行われる事はないのでしょうか。
ブログで書いた何気ない言葉で、インターネット用語でいう炎上が起こり、騒動が巻き起こるという事が度々ありますから、Perfumeはそういう騒動に巻き込まれてほしくありません。
Perfumeとの交流は、今でも、全国ツアーやライブでも行えるものだと思いますし、彼女たちの姿を見ているだけでも満足できるという思いもあります。
また、Perfumeの公式ブログをインターネットで閲覧してみればわかりますが、結構個人的な事もかかれていて、彼女たちの日常を垣間見る事もできます。
また、Perfumeのファンに成り立てという方は、まず始めに、このブログを覗いて、彼女たちについて学んでみてはいかがでしょう。
また、Perfumeの今後の活動も、このブログであれば、すぐに分かる事ですから、なかなか良いブログの使い方がされているのではないかと思います。
しかし、Perfume個人個人でブログを書くといっても、ブログにも色々と弊害があるので、このままでも良いのではないかと思えます。
あくまでも私個人の意見ではありますが、このPerfume公式ブログが一つあれば、他は各自ネット等を利用して情報を集めていけば良いのではないでしょうか。
このPerfumeのブログを見ているだけでも、にわかと呼べるようなファンよりも、更に高みのファンになれること請け合いですよ。
現在は、Perfumeのダンスコンテストが有名だとおもいますが、その様子も、公式ブログで見る事ができます。
そして、そんなPerfumeのブログでも、彼女たちが日々行っている事が、事細かにかかれており、情報収集に事欠きません。

Perfumeの衣装

時には赤一色の派手な衣装で、Perfumeのアルバムを飾っているものもありますが、やはり全体的には易しめの色が多いのではないでしょうか。Perfumeは、他に類を見ないような、独特のテイストを持つ、テクノポップユニットですよね。
Perfumeのアルバムに統一感があると書きましたが、それは、メンバー3人の服装が第一に言える所です。
また、Perfumeのアルバムを全て見てみると、何かしら統一感のあるものとなっている事が、見てとれます。
皆さんは、Perfumeの衣装も込めて、彼女たちのファンであると思いますが、あまり衣装は気にしないという方もいると思います。
さかのぼっていけば、ダフトパンク辺りから、こうした歌い方が流行りだしたように思えますし、Perfumeもその路線だと思えます。
そして、Perfumeには、このユニットにしかない魅力と個性があり、それらは歌や踊りに垣間見ることができます。
私は、Perfumeのアルバムを毎回買っているのですが、そのアルバムに映る彼女たちは、どれも特徴的です。
全体的には、Perfumeのアルバムは、白、またはそれに近い色味の格好をしているのではないかと思えます。
そして、個人的な意見としては、Perfumeの衣装は、白色の傾向が強いのではないかという感じがあります。
Perfumeは色んな観点で楽しむ事のできる音楽ユニットだと思いますから、皆さんも色々な観点で、彼女たちを見てみてはいかがでしょうか。
Perfumeの歌は、特殊な機械を使って、独特の歌い方がされていますが、何か未来的なものを感じます。
しかし、Perfumeの衣装も、また、彼女たちの歌や踊りと同じように、個性的なものばかりです。
全てのPerfume衣装を、見る事はできないのかもしれませんが、その時その時で、楽しめるものがあります。
アルバムに写るPerfumeのメンバーは、個性的な衣装を着ていますが、きちんと3人調和のとれた格好となっています。
Perfumeの衣装は、アルバムだけではなく、ライブや、テレビに出演した時にも、見る事ができますね。
そんなPerfumeの独特さ加減は、彼女たちの着る衣装にも、現れているというカンジがありませんか。
今まで気づかなかった、Perfumeの個性が、その時に見つけられるという事も、あり得るのではないでしょうか。
また、Perfumeの衣装と同じモノを着てみたいという女性のファンの方も、かなり多いのではないかと思います。
アルバムに載せられているPerfumeの衣装は、実際に売られているものもあるので、そういうものをインターネット等で探してみるというのも面白いのではないかと思いますね。
私が、インターネットでPerfumeの衣装を調べて見たところでも、いくつかは見つける事ができましたから、どうぞチャレンジしてみてください。

Perfumeのツアーの軌跡

そんなPerfumeのツアーについて、色々と解説を行っていきますので、お付き合い下さい。
もともと、Perfumeのダンスは一見シンプルにみえて、非常に難易度の高いダンスとして有名でした。
Perfumeのライブツアーが、どんどん大きな規模となっていくのは、とても面白く、彼女たちやその関係者もそれを考えているのでしょう。
インターネットの通販等を利用して、このPerfumeのライブを、行った人も行っていない人も体験してみてはいかがでしょうか。
しかし、そのPerfumeから、この独特なダンスを取り上げてしまったら、今まで感じていた魅力は結構下がってしまうものではないでしょうか。
Perfumeの独特なダンス、特に無表情で繰り広げられるあの踊りを、初めて生で見るという方は、色々な興奮があったのではないでしょうか。
また、その時のツアーで行われたPerfumeのダンスは、それ以前のダンスに比べて、さらにクオリティーが高くなっていました。
まあ、狭い方が、Perfumeと一体感を得られて、逆に良いという思いもありますから、それはそれで満足はしているのですが。
しかし、このツアーで見せたPerfumeのダンスは、今までよりも更に高度な動きを見せており、観客達をわかせていました。
Perfumeの魅力は、歌にあるものだと考える人は、大多数を占める割合でいるのかもしれません。
なんとこのPerfumeのツアーでは、全国の10カ所を巡るといった、なかなか大がかりなものでした。
こうしたPerfumeのライブは、現在、生で見ることは不可能なものですが、大体はDVD等で見る事ができます。
また、PerfumeのGAMEで行われたツアーでも、ラジオで聞いているような彼女たちのトークが聞けて、とても満足感がありました。
ただ一つ、このPerfumeのツアーのマイナス点を言うとするのなら、自分の行った会場があれなのか、非常に狭かったです。
そして、Perfumeと言えばツアー、これはどの歌手の方々にも言える事ですが、彼女たちのツアーはとてもバラエティーにあふれています。
Perfumeのライブツアーは、この1年後に、アリーナ会場クラスのところで行われていましたね。
まず、Perfumeが2008年に出したアルバムのGAMEで、全国を回るツアーが開催されましたね。Perfumeは、歌って踊れるテクノポップの歌手ユニットで、人気を維持したまま活動を続けています。
そして、2010年には、ついに東京ドームで、Perfumeのライブが行われ、これまでにない盛り上がりを見せていましたね。
Perfumeの歌は、とても好きですが、ダンスが加わるからこそ、彼女たちが更に魅力的な存在となるのではないかと思います。
代々木第一体育館で行われたPerfumeの2009年ライブは、非常に盛り上がりを見せていました。

Perfumeのダンスは魅力的

私が好きなPerfumeのダンスでは、ポリリズムというものがあるのですが、この歌のダンスは、知り合いがマネしていました。
私もまた、Perfumeのダンスに魅了されているファンのうちの1人といった感じですが、なぜ彼女たちのダンスはあのように魅力があるのでしょう。
私も、Perfumeのダンスを初めて見た時には、そのPVが終了する所まで、全く目が離せない状態に陥ってしまいました。
Perfumeのダンスはとても独特で、もともとアイドルとして売られていた彼女たちにはあまりそぐわないような感じさえ受けます。
Perfumeのダンスは、無機質な人形のダンスといった感じですが、なんとなく簡単そうに見えてきます。
何か、生きている感じにみえないといった雰囲気を、Perfumeのダンスには感じてしまうのですが、このとらえ方はあっているのでしょうかね。
もしかしたら、Perfumeのダンスは、誰がやってもできるくらいシンプルなものなのではないかと、考えるかもしれません。
よく、動画でPerfumeのダンスをマネしているものを見つける事ができるのですが、十分に練習をしているのだろうなと伺えます。
また、ダンスというものは、音楽に合わせて踊らなければならないと原則で決まっていると思いますので、変則的なPerfumeのダンスは、それが難しいのではないでしょうか。
Perfumeのダンスを初めて見るという方は、おそらくそのダンスの不思議な感覚に、見入ってしまう事は間違いありません。Perfumeと言えばダンス、これはもう誰でもそう考える事だと思いますし、そのダンスに魅了されている方は多いでしょう。
それくらい、Perfumeのダンスには、他にない独特なオリジナリティを感じてしまい、同時にオモシロおかしい感覚を味わうのです。
そして、上でも書いた通り、Perfumeのダンスをマネしてみようとすると、これがなかなか難しく、上手くいきません。
インターネットでも、Perfumeの情報を調べながら、どんどん新しい情報を得ていきたいものですね。
しかし、実際にPerfumeのダンスをマネしてみれば分かるかと思いますが、非常に複雑で困惑してしまいます。
もしまだPerfumeのダンスを見た事がないという方がいるのなら、インターネット等で、彼女たちの踊る姿を見てみると良いでしょう。
これからも、Perfumeの皆さんには、その独特なダンスと共に、心地の良い歌で、多くのファンを魅了していってもらいたいと思います。
また、Perfumeといえば、ポリリズムを推すかたは、結構多いのではないかと思いますね。
PerfumeのPV等を見てみれば分かるように、彼女たちが踊る仕草は、とても独特なもので、まるでロボット、人形のように見えます。
ダンスには型というものがありますが、Perfumeのそれには、無いような感じがあり、それが難しさを上げているのではないかと思えます。

Perfumeの歌詞

Perfumeの歌が好き、という方々が、一番多い事は理解ができますし、実際に私もそのうちの1人です。
では、そんなPerfumeのどこら辺に、皆さんは、大きな魅力を感じて、ファンを続けているのでしょうか。Perfumeは、テクノポップを中心とした歌手のユニットで、今現在も大活躍を続けている方々ですね。
いくらPerfumeが、アイドルのような形で売られているとしても、肝心の曲が良くなければ、ファンを続けていられる気がしません。
そんなPerfumeが歌う歌詞は、更にその魅力を引き上げていくのではないかと、私は考えていますね。
ただし、Perfumeの歌の歌詞には、他の恋愛ソングにはない、何か独特の魅力を感じさせてくれるものがあるのです。
インターネットでは、Perfumeの歌詞の一部を見る事もできますので、普段あまり歌詞を聴かずに聞いている方は、再度チェックしてみるのも楽しいかもしれませんね。
Perfumeの人気は、なんと言っても、歌詞にあるのではないか、このように考える人もいるのかもしれません。
男性も、モチロン同じような事が言え、Perfumeの歌詞に魅力を感じて好きになるという事はあると思います。
女性のファンであれば、Perfumeの歌詞に共感をして、スキになっていくという事があるのではないでしょうか。
現在の日本の歌手は、大体が恋愛をメインにした歌の歌詞が殆どという事もあるので、Perfumeの歌詞が恋愛一辺倒という事も納得はできます。
また、Perfumeの歌詞は、軽快でポップなテクノサウンドに乗せられている為、とても耳心地が良いのです。
Perfumeの歌詞は、控えめでありながらもけなげで、強い意志をもった女性を題材にしているように見えます。
それまでは、Perfumeという名前だけは理解していましたが、それが何を意味するものなのかすら知りませんでした。
また、Perfumeメンバーのキャラクターも、ファンになる魅力の一役を買っているのではないでしょうか。
Perfumeの、その曲調と、歌詞を同時に耳へ流し込んでいると、いつの間にか自分の足や手で、リズムをとってしまっています。
もともと、私は、Perfumeの歌を、ラジオか何かで聞き、とても良い歌だなあと思った事が、ファンになるきっかけでした。
そんなPerfumeの歌詞に、大勢の人々が共感や、魅力を抱き、ファンになっていっているのではないでしょうか。
Perfumeメンバーはどの方もとても個性的で、3人がばらばらの個性を持っているからこそ、うまくまとまっているというように見えます。
載せやすい曲調とでも言いましょうか、Perfumeの曲全体には、こうした感覚が常にあるように思えるのです。
Perfumeの歌詞の全体的な傾向を見るに、その殆どは、恋愛をベースとしたものになっている事が伺えます。

Perfumeの「あ〜ちゃん」

Perfumeのメンバーで現在22歳の西脇綾香さんは、ファンのニックネームで、「あ〜ちゃん」と呼ばれています。
しかし、Perfumeの他のメンバーが昭和生まれという事に対し、1人だけ平成生まれという西脇有香さんは、やはり少し妹的なキャラクターにあるのかもしれません。
では、今現在、なんとなくPerfume好きという方が、これから「あ〜ちゃん」の魅力を知っていくにはどうしたら良いでしょうか。
フジテレビのネプリーグにPerfumeメンバーが出演した時の、「あ〜ちゃん」の天然ぶりと言ったらありません。
Perfumeのメンバーの中でも、一番年少となる、「あ〜ちゃん」は、1989年生まれのA型です。
そんなPerfumeメンバーの「あ〜ちゃん」は、広島県の広島市出身で、高校を出て、大学では経済学部と、真面目に進んでいたようです。
まあ、そうは言っても、早生まれなだけなので、Perfumeメンバー内でも、大した変わりはないのですが。
そして、「あ〜ちゃん」のトークがどんどん加速していき、暴走が始まっていくと、同じPerfumeのメンバーである他の2人が止めに行くという形です。
大体は、こうしたPerfume内での形があり、トークを進行して、ボケとツッコミを上手く回しているようです。
このようなPerfumeメンバー同士の、独特な掛け合いは、音楽バラエティー番組でも良く見かける事が出来ます。
ファンのみならず、同じ仕事仲間と言える芸能人たちをも、笑いの渦に落とし込んでしまうPerfumeの「あ〜ちゃん」。
Perfumeメンバーで、ボケの位置にある「あ〜ちゃん」は、天然ボケといった面も強いように見受けられます。
ヘイ!ヘイ!ヘイ!の番組や、うたばん、ミュージックステーションに出る事も多いPerfumeですが、こうした面白い掛け合いが楽しめますね。
ただ、Perfumeメンバーでも最年少と言いますが、実際は、一年程度しか変わらないので、たいした違いは無いと言えます。
今は、インターネットという、便利な媒体があり、これがPerfumeの情報を知ることに、とても長けています。
皆さんは、Perfumeのファン、もしくは大ファン、はたまた、少しだけ興味がある、といった感じでしょうか。
Perfumeの大ファンであるのなら、既に「あ〜ちゃん」の魅力も、十分に理解をしている事だと思います。
ファンの方なら、Perfume関連の情報を、暇な時にでも集めている事だと思いますし、「あ〜ちゃん」についても、大体は理解をしているでしょう。
Perfumeメンバー内では、常にボケというか、トークが冴えている方なので、とにかくどんどん前に出ていきます。
彼女は、これからもPerfume内で、切れ味のあるボケっぷりを、余すところなく我々に見せてくれるのでしょう。
こうした情報探しの媒体を、上手く使っていきながら、Perfumeの「あ〜ちゃん」について、どんどん知っていってみましょう。

Perfumeの「かしゆか」

Perfumeは、3人組のユニットで、若い女性たちでまとめられたテクノポップの歌手ですが、とても魅力的ですね。
しかしPerfumeのメンバー内では、かしゆかという愛称ではなく、ゆかちゃん、かっしー等と呼ばれているようです。
Perfumeのメンバーである1人の、樫野有香さんは、1988年の12月23日に生まれ、現在に至っています。
とある芸能の学校の受験会場から、西脇綾香さんとは知り合っていたそうですが、ある時に、彼女からPerfumeに入ってみないか、といった言葉がかけられたそうです。
インターネットでも、こうしたPerfumeのメンバーである「かしゆか」の色んな面が、見られると思いますので、皆さんも調べてみてはいかがでしょう。
そんなPerfumeのメンバーである「かしゆか」は、どんな方なのか、ここで説明を行ってみようかと思います。
Perfumeの「かしゆか」と呼ばれている樫野有香さんは、広島の生まれなのですが、何度も転居をしていました。
そういう時は、「かしゆか」がツッコミをして、その場を纏めているというカンジで、Perfumeの掛け合いが成り立っているようです。
そして、「かしゆか」が成長し、Perfumeに入る事となったきっかけは、もともとの知り合いであった西脇綾香さんの一言だそうです。
今までは知らなかったPerfumeの一面、そして「かしゆか」の新たな面が、見つけられるかもしれませんよ。
そうした経緯で、「かしゆか」は、Perfumeに入り、今なお活動をつづけている人気のテクノポップ歌手となりました。
Perfumeとは、皆さんもご存じの通り、音楽ユニットなのですが、「かしゆか」は、なんとカラオケが苦手だそうです。
そして、樫野有香さんにも、他のメンバーと同じように、愛称があり、Perfumeファンの間ならば、「かしゆか」と呼ばれています。
カラオケは、歌手が自分自身の歌を歌うと、得点があまり上がらないという傾向があるのですが、こうした事が、Perfumeの歌を歌った時に現れていたのでしょうか。
一体なぜ、Perfumeという、歌って踊れるユニットに属していながらも、カラオケという歌う事が目的とされる遊びが嫌なのでしょうか。
Perfumeは、メンバーそれぞれが、役割というものを持っており、「かしゆか」の場合は、それがツッコミに属すものだと思います。
よく、Perfumeの同じメンバーである西脇綾香さんが、トークで暴走している様子が見られます。
住み慣れた土地から何回も移転しなければいけないというのは、大変なものですから、Perfumeの「かしゆか」も、色々と思う所はあったのではないでしょうか。
Perfumeの歌手であるにも関わらず、「かしゆか」はカラオケが苦手だと公言しているのだそうです。
すでにPerfumeファンの間では、常識となっていますが、このユニットのメンバーにはそれぞれ愛称があります。

Perfumeの「のっち」

Perfumeの「「のっち」」が持っている魅力的な部分について書いていきたいと思いますが、皆さんは「のっち」をご存じですよね。
あとは、ファンの皆さんならすでに当たり前という感覚があるかもしれませんが、Perfumeの、「のっち」のもう一つの魅力は、その噛み芸でしょう。
Perfumeには、それぞれ愛称があって、そのどれも親しみやすい愛称となっており、「のっち」という愛称も同じく、とても親しみやすさを感じます。
そんなPerfumeのメンバーの1人である、「のっち」は、なんと言っても、その笑顔が魅力的なのではないでしょうか。
Perfumeの皆さんはそれぞれ、素敵なダンスを我々に見せてくれますが、「のっち」のダンスセンスは一段階上というカンジがあります。
Perfumeの、「のっち」といえば、笑顔とまで言われていると、勝手に自負しているのですが、結構同意してくれるのではないでしょうか。
ネットでは、更にPerfumeの、「のっち」が活躍している様子を見ることができますから、今後も注目していきたいと思います。
Perfumeの、「のっち」は、一つの笑顔でダンスをしているというより、沢山の笑顔の表情を切り分けながら踊っているというカンジがあります。
「のっち」の笑顔は、PerfumeのPVでも見て分かるように、とてもころころと変化していき、一つの表情にとどまりません。
そして、Perfumeと言えばダンスになると、多くの皆さんはお思いでしょうが、「のっち」のダンスは見事ですね。
3人組ユニットのPerfumeですから、1人だけ見ているというワケにもいきませんが、「のっち」のダンスに集中してみていれば、そのセンスが良い事も分かるかと思います。
Perfumeの「のっち」とは、この3人組ユニットのメンバーの1人である、大本彩乃さんの事ですね。
Perfumeのメンバーはみんな、良い笑顔でライブやPVを飾り立てていますが、何よりも「のっち」の笑顔が印象に残ります。
Perfumeは、皆さん、本当に頑張り屋で、努力を惜しまずに日々活動をしているというカンジを受けますが、「のっち」も同様です。
もちろん、歌を歌っている時などは、噛む事もないのですが、Perfumeのライブの途中など、MCをしている「のっち」はとにかく噛みます。
何でこんなに噛めるのか、といえるほど、Perfumeの、「のっち」の噛み癖は強く、肝心な所では殆ど噛んでしまいます。
しかし、噛み芸とまで呼ばれている所以か、Perfumeファンの中では、「のっち」が噛む事はすでに承知のものとなっているようです。
話のオチというものは、芸人であればアタリマエに持っていなければならないものですが、Perfumeのラジオ等で、「のっち」の噛みがオチに来る事も多いです。
皆さんも、普段からPerfumeを注目して見ていると思いますが、更に詳しい情報をネット等で調べてみてはいかがでしょうか。
努力家と言われている「のっち」ですが、Perfumeの中でも、非常に努力家であるという面が、垣間見れるような気がします。

Perfumeとは

Perfumeとは、現在も大人気で活動を続けている3人組のユニットですが、もう皆さんはご存じの事と思います。
あまりPerfumeについて詳しくないという方には、彼女たちの魅力を知っていってもらいたいと思います。
Perfumeという音楽ユニットは、皆さん同じく広島県の出身者となっており、とても仲がよさそうですね。
主にテクノポップを歌うPerfumeですが、その歌はどれもおしゃれで非常に聞き応えのあるものだと思います。
そして、ぱふゅ〜むの名前をPerfumeに変えて、路線を変更し、テクノポップで売り出す事で、飛躍的に活動の幅が広がっていきました。
Perfumeは、売れない時代を経ているからこそ、大きな魅力が私に伝わってくるのではないかと思います。
Perfumeは3人組のユニットですが、3人ともなると、リーダーのような立ち位置が存在してもおかしくはありません。
Perfumeの皆さんはどなたも若く、大本彩乃さんは1988年生まれで、樫野有香さんも1988年生まれです。
皆さんは、おそらくPerfumeの情報をテレビや雑誌等で見ていると思いますが、インターネットでも更に詳しい情報を調べる事ができます。
Perfumeは、広島のアクターズスクールに在学していたのですが、その頃にメンバーの1人が自発的にユニットを組もうと話した事から始まりました。
Perfumeは香水ですから、香るという意味もありますし、その文字が3人に含まれているからこのような名前となったのでしょうね。
しかし、その当時のメンバーだった方が抜けて、Perfumeという関連づけは行えなくなっていますが、今でもそのままとなっていますね。
しかし、Perfumeにはそういったリーダーのような主導者的立場の方はおらず、皆平等といったカンジがあります。
どうやら、Perfumeというユニット名は、もともとのメンバーの名前全てに、香るという文字が入っている事が由来となっているようです。
その年から、Perfumeはローカルアイドル時代を数年と続けて、地道な活動を続けていました。
そして、その1年後の1989年にPerfumeの西脇綾香さんが生まれており、一応メンバーの中では最年少ですね。
しかしなかなか注目してもらえず、Perfumeは目立たないユニットとして、苦難の日々を送っていたようです。
私はPerfumeの大ファンなのですが、なぜ彼女たちが私にとって、とても魅力的に映るのか、それは彼女たちの努力が見て取れるからでしょう。
ファンとしてはPerfumeのファンが多ければ多いほど嬉しくなるというものですからね。
では、そんなPerfumeは、どのような経歴等があるのか、ここから説明をしていきたいとおもいます。
Perfumeという名前は、香水の意味を持っていますが、このユニット名と香水にはどのような意味があるのでしょうか。

ビーストの日本公式ファンクラブ

だけど、ファンクラブに入ったからと言って、必ずしもコンサートやイベントに行けるっていう訳じゃない訳じゃないですか。
今年の夏、ようやく日本にも同じ名前のビーストのオフィシャルファンクラブが立ち上げられました。
今回は、一足先に現地で結成式などが派手に行なわれていた事もあって、日本で待つファンの期待は必要以上に大きかったのではないかと思います。
まず、間もなく出来るビーストの日本ファンクラブ、会費はいくら位なんだろうという声も時々耳にしましたね。
まあこれまでの韓流スターのファンクラブの例で考えると、5,000円から6,000円前後。
でもって、年会費はと言いますと、6,000円ですから、ほぼ妥当な線と言ったところでしょうか。
そしてそして、今年の5月、その詳細が明らかになったのであります。
ビーストの日本公式ファンクラブの名前は「BEAST & BEAUTY」、これは現地と同じですね。
が、しかし、真のビーストファンの目的は、その後何度も彼らに会う事であり、コンサートやイベントなどの優先権を求めてファンクラブに入る人も多いんですよね。
ビーストの春の韓国でのファンクラブ結成式の模様は、テレビのワイドショーではそれほど取り上げられていなかったみたいですが、ネット上では結構報道されていましたよね。
抽選に当らないと憧れのビーストには会えないっていうのにも関わらず、そこまで一生懸命応援出来る人がいるというのもまた、ある意味羨ましい話です。
ヒット曲を歌ったり、ファンと問答やゲームを楽しむビーストのメンバーたちの姿が写真や動画で多数紹介されていました。
あれが日本で見られるのなら、う〜ん、6,000円という金額は決して高くはないかもね。
正直、ビーストのコンサートに一回行ったと思えば納得出来るというものでしょう。
でも、ビーストのこの急激な注目度を考慮すると、もう少し高いかもねとかって、友達なんかもよく話していました。
年を取り、現実の多忙と苦悩に追われるようになると、私のように、こういう明るいニュースを読んでも、すぐにひねた考え方をしてしまうようになるかも知れません。
となると、彼女たちはこれから先、一体全体いくら位ビーストに投資するんだろう。
時々はビーストの情報もエンタメ関連のブログやサイトで読んでるし、これからも彼らの活躍と、日本人ファンの声援に期待しています。ビーストの公式ファンクラブが韓国に誕生してから遅れる事3ヶ月。
まあね、ビーストファンの皆さんにしてみれば、そんな夢のない話をするなぁって言われちゃいそうですが、貧乏子会社の女社長としては、実に羨ましい限りです。
これは全てのファンクラブにおける基本的鉄則とも言えるようです。
ビーストのファン層を考えると、やはりまだまだお若い方が多いですよね。
だから、今ビーストを応援している人たちっていうのは、一番夢を持てる年頃じゃないかと思います。
間違いなく彼らにとって日本は黄金の島ジパングなんだろうなぁっと思ってしまいますね。
ビーストは6人組だから、1人当たり1,000円かぁっと私は咄嗟に計算してしまいました。
私も韓流は嫌いじゃないので、熱狂的なファンになるつもりはありませんが、彼らのような若いスターたちを陰ながら応援しているのは応援しているんですよ。
なので、ビーストを応援しようと決めたのであれば、今は存分に応援して、人生を楽しんで欲しいなぁっと思います。