舞台メイクの方法

舞台メイクというのは、普通のメイクとは違う特殊なメイクになるので、その方法というものが当然あります。
その舞台メイクの方法ですが、まず、化粧水をコットンにとり、顔の余分な油分をふき取っていきます。
舞台メイクの方法として、ドーランをのばした後は、粉白粉をしっかりとのせていきます。
そして、舞台メイクで、ドーランを使用する際は、メイクアップベースをつける必要はありません。
まぶたの部分は、この時点ではまだ塗らずにおくのが、舞台メイクの方法のポイントです。
慣れていない人は、ブラシの柄で入れる場所を確認してから入れるのが、舞台メイクのコツです。
もちろん、役柄によって変化させ、舞台メイクでは、丸く入れると可愛い感じに仕上がり、上の方に入れると若い感じに仕上がります。
そのため、舞台メイクの方法として、頬骨にそってチークカラーをパウダーブラシで入れていきます。
その際、パウダーをパフに含ませ、手でよくもみこんで余分なパウダーを落とすのが、舞台メイクのコツになります。
また、メイクアップベースや乳液をつけた場合、舞台メイクの方法として、5〜10分経過してから、ドーランを塗ることです。
舞台メイクでは、頬の健康感を上手く出して、顔を明るく見せるようにしなければなりません。
もしドーランが余分についてしまった時は、ティッシュで軽くおさえるのが、舞台メイクのコツです。
余分なパウダーはブラシで落とし、全体についたら、パフの一部をたたみ、目の下、口のまわり、鼻の両脇にもまんべんなくつけていくのが、舞台メイクの方法になります。
そしてドーランと同じように、舞台メイクの方法では、面積の広い所から全体におさえるようにつけていきます。
そこで注意すべきことは、顔色が悪い人については、舞台メイクをする場合、クレンジングでマッサージをし、ティッシュでふきとり、ドーランを塗る必要があります。
しかし、肌が乾燥しやすい人は、舞台メイクの時でも、普段使用している乳液を少なめに塗ることです。
ピンクやオレンジ、レッド系などの色があるので、色々と試してみて、舞台メイクとして、自分に合う色を選ぶと良いでしょう。
そして、舞台メイクの方法としては、細かい部分に対しても、スポンジの角を使ってまんべんなくのばしていく必要があります。
黒目の外側より中に入らないように、鼻より落ちないようにするのが、舞台メイクの方法の基本です。
自分の肌色に合ったドーランを手にとり、額、両頬、鼻の先に対して、水をふくませたスポンジで、頬などから順にのばしていくのが、舞台メイクの方法になります。
こめかみの所に入れると若くて可愛い感じになって、シャープに入れると面長ですっきりした印象になるので、舞台メイクの方法としてよく覚えておきましょう。