舞台メイクの見本

舞台メイクというのは、色々な方法があり、また、その用途によって、その方法というものは違ってきます。
そのため、舞台メイクと一口に言っても、様々な方法があり、舞台によって、使い分けていく必要があります。
しかし、通常、舞台メイクというものには、見本があり、それにならって練習していくことは効果があります。
そして、下に行くにしたがい、やや細めにつけるのが舞台メイクの見本で、そうすると、鼻が小さく見えます。
そして、眉頭が太いほど男性的な顔立ちになるので、そのことを意識して、舞台メイクをすることです。
舞台メイクでは、眉頭の下から鼻骨に沿って、小鼻の少し上くらいまで陰影をつけ、立体感を出すのが見本になります。
口紅については、舞台メイクでは、紅筆を使って輪郭をしっかりと描くことを心がけることです。
そのため、舞台メイクの見本として、眉毛は、横顔からでもはっきり眉のラインが見えるよう、普通のメイクより、長めに、はっきり描くことです。
とにかく、舞台メイクは、はっきりとした色のものを使用するのが見本になり、ピンク系の赤色などは、顔色をとてもキレイに見せてくれる効果があります。
舞台メイクは、舞台上でするメイクなので、色んな角度から表情を見られるのが1つの特徴です。
また、舞台メイクの見本として、髪の生え際やエラなど、顔を小さく見せたい部分には、ぼかしを入れていきます。
そして、舞台メイクと一般的なメイクとの違いは、ノーズシャドウにあります。
全体的に顔の部分を大きく見せるようにするのが、舞台メイクのコツで、アイシャドウはまぶた全体にたっぷりと塗ることです。
そして、舞台メイクとして、眉尻の下にアイシャドウ入れれば、目をより大きく見せることができます。
また、アイラインは目をパッチリ見せるには不可欠なので、舞台メイクの見本としては、上下のまぶたに太くアイラインを入れます。
一般的に、歌劇やバレエなどの舞台メイクの場合、特に毛量の多いものを使用することが多いので、参考にすると良いでしょう。
舞台メイクの見本として、つけまつげは、毛の量の多いものやラメ入りのものなどを使用するとより、効果的です。
つけまつげは、舞台メイクでは、くっきりした目をよりパッチリと見せるために利用します。
そして、額から鼻にかけてのTゾーンといわれる部分ですが、目や眉尻の下にハイライトを入れて陰影をつけることで、立体感を出すのが、舞台メイクの見本と言えます。
そして、生き生きとした表情に見せるよう、舞台メイクでは、髪の生え際や頬骨に沿って、あごの下などにチークを入れると、より映えるので、見本として参考にしましょう。
舞台メイクの見本とは、どのようなものかと言うと、まず、客席数の多い舞台においては、遠くからでも表情がわかるように立体的なメイクをすることを心がけることです。