宝塚の舞台メイク

舞台メイクとうのは、色々な場面で活躍していますが、中でも一番有名と言えば、宝塚が挙げられます。
宝塚の舞台メイクでは、黒のアイラインの上に青いラインを入れるのが普通で、目の際に黒のアイラインをしっかりと入れていきます。
また、宝塚の舞台メイクでは、立体感を強調するために、ノーズシャドウは、濃い目につけていきます。
舞台メイクで、顔立ちをよりはっきりと明るく見せるため、宝塚では、Tゾーン、頬など高く見せたいところにハイライトを入れていきます。
まず、大きめのスポンジを2枚用意して、それをよく揉みこんでから肌にのせて、余分なパウダーを落とすのが宝塚の舞台メイクのコツになります。
とにかく、手間ヒマをかけて、丹念に行うのが、宝塚の舞台メイクの大きなポイントです。
宝塚の舞台メイクの特徴は、まず、下のアイラインは目元から離れたところに引きます。
そのことで、小顔効果を狙うことができ、宝塚の舞台メイクの2色のファンデーションの使い分けだけで、小顔になれるから驚きです。
ゴールドを使用する宝塚の舞台メイクは、とても華やかな目元を作ることができます。
また、宝塚の舞台メイクでは、目の周りの高く見せたい部分にU字型にゴールドのパウダーをのせていきます。
下地については、宝塚の舞台メイクでは透明感を出すため、やや明るめのものを使用します。
そして、宝塚の舞台メイクでは、目頭よりも目尻のアイラインが下がらないように気をつけていて、そのことで、垂れ目に見えないようにしています。
チークに関しては、宝塚の舞台メイクでは、耳の付け根からスタートして、頬に向かってUの字を描くようにいれていきます。
そして、眼を大きく見せることで、眼を大きくぱっちりとみせるのが、宝塚の舞台メイクの特徴と言えます。
舞台映えする宝塚の舞台メイクのためには、ノーズシャドウは不可欠で、小鼻に近づくにつれて、淡くぼかすようにするのがコツです。
眉だけでも顔の印象は大きく変わるので、宝塚の舞台メイクでは、眉毛はできるだけ濃く、そしてアーチ型の眉にしていきます。
そして、パールのパウダーを上手に利用して、宝塚の舞台メイクでは、より目元を立体的に作っていきます。
舞台メイクの際、宝塚では、頬紅を目に使用し、最後の仕上げとして思い切り、書いていきます。
そして、宝塚の舞台メイクは、マットなファンデーションを顔全体に塗り、顔の外側から首筋は暗めのファンデーションを用いて立体感を出します。
また、宝塚の舞台メイクでは、アイシャドーは均等につけるのではなく、膨らみを出したい所はできるだけ淡くつけていきます。
また、宝塚の舞台メイクでは、赤いドーランを口紅として使用して、上からグロスをつけることで、舞台上でより強い印象を与えます。
では、宝塚の舞台メイクをするには、どのような方法を取ればいいのでしょう。
そして、宝塚の舞台メイクでは、つけまつ毛を重ねるのが特徴で、ゴージャスな目元を作っていきます。