2AMのブログ

日本では野獣アイドルの2PMに注目が集まっているようですが、やがて2AMの時代が来るのも時間の問題です。
サンケイスポーツでは、1面で、2AMの日本進出の記事を扱っているので、その期待値はかなり高いと言えます。
ブログには、番組最後の投票で2AMのジヌンが脱落していたことが書かれていて、合格者の1人が辞退したことから、メンバーに入ったことが記されています。
そして、2AMは、ブログでは、ダンスパフォーマンス中心の2PMとよく比較されています。
ブログを見ていると、2AMのことが実によくわかり、デビュー曲は、2008年7月にリリースされたんですね。
彼は、2AMのリーダーで、SBSのパク・ジニョンの英才育成プロジェクトである99%の挑戦の出身です。
そして、JYPE練習生の新グループ結成までの足跡を描いた番組が放送されて2AMは、注目を浴びることになります。
KBS2ミュージックバンクで初めて2AMの歌が披露されることになり、そこから人気に火がつきます。
そこから、2AMのグォンはデビューすることになりますが、その間、2567日というJYPEの中では最長の練習期間を過ごしたことが、ブログで話題になりました。
その時に感じた様々な感情を入れた音楽活動を展開すると言う意味で、2AMという名前が命名されたのです。
2AMのジヌンは、1991年生まれで、まだ高校を卒業したばかりだと、ブログには書かれていました。
2AMのブログによると、メンバーの1人グォンは、本名をチョ・グォンと言い、1989年に、京畿道水原市で産声をあげました。
そこに兵役を終えたチャンミンが加わり、2AMは現在の4人のメンバーに至ることになるのです。2AMは、韓国の人気グループで、兵役期間中のチャンミンを除く3人は、 新人育成番組の熱血男児に出演していました。
2AMのチャンミンは、1986年生まれで、出身は釜山広域市になります。
そして2AMのスロンは、1987年生まれで、好きなことは歌うことで、その歌唱力には定評があります。
プロデューサーが直接付けたのが2AMという名前なので、そこには強い思い入れが感じられます。
グループ名の2AMと言うのは、1日に起こった多くの感情と感覚を振り返る時間である深夜2時を意味しているのです。
日本進出を控えている2AMに対する関心は日に日に高まっていて、ブログはもちろん、サンケイスポーツなどでもよく特集されています。
その後は、2AMはブログでも大きく取り上げられるようになり、それぞれ歌唱力が大きく評価されることになります。