ユン・サンヒョンのコンサート

ブラックマウンテンというタイトルのユン・サンヒョンのコンサートツアーには、3か所で約7,000人の動員数でした。 色々ブログやサイトなどで調べてみると、ユン・サンヒョンは元々は歌手志望だったんですね。 私はユン・サンヒョンだけでなく、韓流スターのことはあまり詳しくないのですが、日本で歌手デビューしている韓流スターってかなりいるようですね。 歌手だけの韓流スターもいれば、ユン・サンヒョンのように俳優としても活躍している人もいます。 俳優としてだけでなく、歌手としても大活躍のユン・サンヒョンの次のコンサートツアーが楽しみですね。 ユン・サンヒョンの日本での4枚目のシングルとなる安全地帯のカバー曲、悲しみにさよならも披露されました。 ユン・サンヒョンは、高校時代には声楽家になるように音楽の先生に勧められたこともあるとのことです。 ユン・サンヒョンの日本でのファーストコンサートツアーは、2012年2月に大阪、3月に名古屋と東京で行われました。 なぜ、このコンサートツアーがブラックマウンテンというタイトルか、少し気になったのでブログやサイトなどで調べてみました。 ブラックマウンテン最後の東京公演では、約3,000人のファンがユン・サンヒョンの歌を楽しんだとのことです。 ユン・サンヒョンって、俳優としても活躍していますが、最近では日本でも2010年に歌手デビューし、歌手としてもすごく活躍しています。 ユン・サンヒョンは、日本語の歌も歌っているので、歌詞だけでなく、MCも日本語となると大変だろうなあと思ってしまいました。 アンコールでは、尾崎豊のI Love Youを韓国語で歌ったとのことですが、ユン・サンヒョンが歌う日本語のI Love Youも聞いてみたいですね。 ユン・サンヒョンのファーストコンサートツアー、ブラックマウンテンでは、デビュー曲、最後の雨をはじめ、20曲を歌ったとのことです。 ブログ記事などによると、夜に登山をした時に見た夜空の雰囲気が忘れられないので、その素晴らしさをファンの人たちと共有したいとユン・サンヒョンが決めたそうです。 コンサートに参加した人のブログなどを読むと、ユン・サンヒョンってコンサートの間、MCも日本語でしているんですね。 でも、最後の雨や悲しみにさよならって今の若い人は知っているのかなと思ってしまいました。ユン・サンヒョンのコンサートが2012年2月から3月にかけて行われたとのニュースをブログで見つけました。 その他にも、ドラマ、シークレットガーデンの挿入歌など韓国語の歌も盛りだくさんだったようです。 何人かの韓国の俳優兼歌手の歌を聞いてみたのですが、その中でもユン・サンヒョンはかなり歌が上手だなと感じました。

アイドルグッズ買取