APEACEとは

APEACEは、今人気のK-POPユニットですが、何故か日本出身とプロフィールには記載されています。
という事で、今日はそんな今噂のK-POPユニットAPEACEに焦点を当ててみたいと思います。
だったら、多分こんなにも韓流大好きの日本人女性たちがキャ〜キャ〜!言わないでしょう。
そのキャッチフレーズは、「会いに行けるK-POPグループ!」って、あれ?これって、どっかで聞いた事あるようなキャッチフレーズですよねぇ。
そのレッスンは一日10時間以上にも及んだらしく、APEACEの歌とダンスは正しく本物だと言えるでしょう。
APEACEがK-POPアイドルと言われながらも、その反面、日本出身だと言われる要員は、こうした彼らの略歴にあるのでしょう。
今や東方神起やビッグバンなんてもう古いっという訳ではありませんが、昨年日本で公式デビューしたF.CUZのような新しいK-POP男性ユニットが続々と登場して来ています。
となると、日本で生まれて韓国で育った男の子たちのみを集めたユニットなの。
普通なら、ここでまずは韓国でデビューし、それから日本へ上陸というパターンになるんだけど、APEACEに関しては、全く違っていたんですねぇ。
そう、「会いに行けるアイドル!」として日本で今大人気のアイドル集団AKB48の正しく韓流男性版、それがAPEACEなのであります。
APEACEは、2010年に、現地のオーディションで選ばれた初期メンバー21人によって結成されました。
しかも、驚くべき事に、結成してちょうど2年となるAPEACEですが、未だに韓国での芸能活動は殆どしていないのであります。
彼らは1年間、養成所のようなところで、徹底的に歌とダンス、そして日本語を訓練されました。
APEACEと書いて「エーピース」と読む彼らもそんな韓流男性ユニットの一つではありますが、これまでのK-POPアイドルたちとは、ちょっとその形態が違うようです。
日本にだって、特にジャニーズには、APEACEに負けない位のイケメン揃いの男性ユニットはいくらでもいるんですものね。
そして、2011年5月27日、館内に誕生した「K THEATER TOKYO」のオープンとともに、APEACEもデビュー。
いずれも7人組で、これに韓国で予備軍としてレッスンに励む所謂ジャニーズジュニア的存在のgemがあります。
そんなAPEACEは現在、瑠璃という意味を持つlapisと翡翠という意味を持つjade、それに漆黒の輝きを放つと言われる宝石onyxを命名した3つのユニットで活動しています。
ね、秋葉原の専用劇場からスターになったAKB48とそっくりでしょう。
その一方で、渋谷の恵比寿駅に直結する複合型商業施設「エビスガーデンプレイス」では、新しい劇場の開園準備が着々と進められていました。
因みに、当時の彼らのプレビュー公演のタイトルは、「APEACE HANA -one-」だったそうです。
このAPEACE gemのgemは原石という意味だそうですが、この辺りもAKBやハロープロジェクト、それにジャニーズと言った日本のアイドル集団に似ていますよね。
その後も、このK THEATER TOKYOは彼らの専用劇場となっています。
という事は、APEACEは日本人が韓国でアーティスト活動をしているグループなのでしょうか。
という事で、そんなAPEACE、恵比寿まではちょっと遠くて見に行けないという人は、韓流エンタメ関連のブログやサイトで研究してみられてはいかがでしょうか。

ジャスティー