大泉洋のキャラクター

【大泉洋】というと、今やどの番組を見ても出演している感じで、キャラクターとしては、いじられ役が多いです。

いじられキャラと化している【大泉洋】ですが、北海道で活躍していた時も大体、いじられるキャラクターでした。

肩書きは俳優なのか、タレントなのか、【大泉洋】の場合、わかりにくい部分がありますが、親しみやすいキャラクターであることに違いはありません。

どちらかというと、【大泉洋】のキャラクターとしては、バラエティでのキャラが印象深い傾向にあります。

しかし、バラエティに出るときは【大泉洋】は、大抵はドラマの宣伝として出ているので、タレントというよりは俳優と言う感じもします。

最近では俳優としての活動が多くなってきたので、【大泉洋】は、いじられるキャラクターは少なくなってきました。

キャラクター的には、【大泉洋】は、俳優の仕事もやっているタレントというのが、一番ピッタリくるかもしれません。

 

【大泉洋】は、TVではよくいじられるキャラクターであるので、タレントの方が色濃いと見る人が多いようです。

元々の【大泉洋】の肩書きは、ローカルタレントであり、王様のブランチという番組内で彼自身がそう答えています。

しかし、【大泉洋】は、お芝居に歌に、バラエティにエッセイにと、あらゆる物に関与しているので、キャラクター的に的を絞りにくい面があります。

実際、これというものに絞り切れていないのが【大泉洋】であり、1つのキャラクターには定着しにくい感があります。

本人自身、いろいろやりたいので、【大泉洋】は自らしぼりきれないキャラクターを演じている感じがします。

あえて肩書きはなにかと問われた時は、【大泉洋】はローカルタレントと答えていて、それは北海道を大切にしている証拠です。

まさしく【大泉洋】らしい表現であり、全国区のテレビでは、ひたすらいじられるキャラクターを演じています。

 

【大泉洋】は、いじられるキャラクターが定着していますが、彼の一番のよさは、ぼやき芸でしょう。

【大泉洋】のぼやきはとても秀逸で、彼が不平や不満を言い続けても、見ている方には全く不快感がありません。

相手に不愉快な思いをさせず、不平や不満を面白く伝えられるのは、まさに【大泉洋】の才能と言っていいでしょう。

まさに【大泉洋】の人柄がよく表れていて、彼は毒を吐くときの口調やチョイスする言葉を上手く調整しています。

一方で、【大泉洋】は、TEAM NACSというグループの演劇ユニットのメンバーの一人であり、多彩な一面を持っています。

最近では、【大泉洋】は、アサヒ飲料の新商品のCMに出ていて、オリジナルキャラクターの声優を務めています。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫