病気と向き合うブラッド・ピット

【ブラッド・ピット】というと、最近は妻のアンジェリーナさんの病気予防が世界中の大きな話題を集めていますよね。

病気予防と言っても、将来乳がんになるかも知れないと言って、乳房をばっさり切除しちゃうんです。

それを夫である【ブラッド・ピット】も支持しているというのですから、中途半端な病気予防ではありません。

まあね、お金持ちだから出来るんだとか、お金持ちにしか出来ない事だと言う人も大勢いますが、それ以前に、お金があっても、その勇気がない人の方が多いんじゃないかしら。

だって、病気になっても中々それを認められなくて、手術に踏み切れない人が沢山いる中で、【ブラッド・ピット】の理解と勇気はすごいですよね。

勿論、本人のアンジェリーナの勇気と決断は言うまでもなくすごいですよ。

でも、病気というのは、本人と同じ位家族も辛いもので、それをきちんと受け止められる【ブラッド・ピット】は、本に以上に強いと思うんです。

 

【ブラッド・ピット】と言えば、どうしても妻のアンジェリーナさんの手術が最近は大きな話題になってしまっています。

けれど、彼女の場合は、病気になったから手術したんじゃなくて、病気にならないために手術したんですよね。

そこのところを勘違いしてはいけませんが、もう一つ勘違いしてはいけないのが、【ブラッド・ピット】とアンジェリーナの関係。

実はこの2人、所謂内縁の夫婦というやつで、正式に婚姻届は出していません。

ですから、【ブラッド・ピット】自身も、今回のアンジェリーナの病気にならないための手術については、パートナーとして理解し、支持したと言っています。

まあね、実の夫じゃないから出来たんだとかと言う人もいますが、それはそれでいいでしょう。

もし妻が病気になったら、逃げようと想えばいつでも逃げられる立場にある【ブラッド・ピット】が、それをする意思がないからこそ、支援したんだろうしね。

 

【ブラッド・ピット】自身は、素晴らしい肉体美を誇り、病気とは縁もゆかりもないように見えます。

だからこそ、今回のアンジェリーナを支える姿が大きな話題を集めたのでしょう。

けれど、実際には、【ブラッド・ピット】自身も相貌失認という脳の病気を持っているらしいと言います。

本人も、そういう病気かも知れないと言っているだけで、明確にはなっていないようですが、もしそれが本当なら、かなり大変な事ですよ。

だって、この相貌失認というのは脳障害の一つだし、近い将来、あの【ブラッド・ピット】が認知症みたいになっちゃうかも知れないっていう事ですものね。

しかも、アンジェリーナの手術の事と前後してこの病気の事が報道されたから、余計に不安になったファンも多いんじゃないかと想います。

でも、今の段階ではまだよく分からないので、今後の【ブラッド・ピット】の話題を取り上げたブログやサイトに注目して行きたいところですね。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫