ファイトクラブの中のブラッド・ピット

【。

けれど、実はその始まりは1999年に公開された映画「ファイトクラブ」にあったのです。

ただ、このファイトクラブの主演はあくまでもエドワード・ノートンで、【ブラッド・ピット】は共演という形でした。

にも関わらず、気が付けば主演だと思い込んでいた人も少なくはないでしょう。

実際、ちょっとややこしい話なのですが、【ブラッド・ピット】演じるタイラーは、実は実はエドワード・ノートン演じる僕。

あっ、僕っていうのは、主人公の事で、このファイトクラブという作品ではその名前が明らかにされていないんです。

ようするに、二重人格を持っているエリートサラリーマンで、その陰の僕を演じていたのが【ブラッド・ピット】という事なんですね。

 

【ブラッド・ピット】は、映画「ファイトクラブ」の時の体重が最も理想だと考えているらしく、激太りした今は、当時が懐かしいご様子。

だからと言って、ファイトクラブ時代にまでは別に戻りたいとは想っていないようで、やっぱりトロイの頃が一番のお気に入りのようですね。

【ブラッド・ピット】ファンとしても、ファイトクラブよりトロイの役柄の方がやっぱりいいでしょう。

何せ、ファイトクラブはテロ集団のリーダー格なのに対し、トロイはギリシャ神話の英雄ですからね。

ただ、このファイトクラブ、【ブラッド・ピット】の出演作の中では、個人的には面白い一本だと想っています。

そのストーリー展開が、これまでのハリウッド映画にはありそうでなかった新しい感覚だったからです。

中には、ファイトクラブの【ブラッド・ピット】のカッコ良さが、後にニューヨークのテロを招いたなんていう噂もありますけどね、それはないでしょう。

それに、元々このファイトクラブは小説で、所謂原作のストーリーというのが存在していたんです。

まあもっとも、【ブラッド・ピット】たちによって映画化されて、初めて脚光を浴びる事になったようですが・・・。

 

【ブラッド・ピット】の存在感を世界中に大きくアピールしたと言っても決して過言ではない映画「ファイトクラブ」。

日本ではちょうど1999年から2000年へと移りゆくミレニアムムービーになった訳ですが、正直最初は、この作品がこの時期に公開されるの?っていう感じでしたね。

勿論、今なら【ブラッド・ピット】の作品がクリスマス映画やお正月映画になるのは納得ですよ。

ただ、この頃はまだそこまでブラピブームじゃなかったし、何より、ファイトクラブの中身事態がお正月から見る映画だろうかという気がしたんです。

【ブラッド・ピット】がいくらカッコ良くヒーローを演じても、やっぱり悪は悪だしね。

でも、自分を見直すという事を投げかけてくれる映画「ファイトクラブ」は、今思えば、新春映画に相応しかったのかもしれません。

という事で、そんな若き日の【ブラッド・ピット】を楽しめる映画「ファイトクラブ」、気になる方は是非、ブログやサイトで評価を見たり、DVDで観賞したりしてみて下さい。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫