エンタメニュースの常連

【エンタメニュース】によく登場するタレントとしては、常連、清水健太郎がいます。

全く懲りる様子も無く、【エンタメニュース】の常連として登場していて、もう止められないのか、と言った感じです。

麻薬の恐ろしさは、経験した人にしか分からないのが、それを【エンタメニュース】の常連で証明しているのでしょう。

折角、出所して自由な生活が出来る様になっても、また買ってしまうのが、【エンタメニュース】の常連なのです。

薬を所持して使用すれば、また捕まるのは分かっているのに、辞められないのが【エンタメニュース】の常連です。

ちゃんと立ち直れた人も居るのに、【エンタメニュース】の薬物の常連がいるというのは、実に悲しいことです。

2回目の頃、清水健太郎、三度目の正直、これで止められなければ引退、という【エンタメニュース】の報道が懐かしく思えます。

 

【エンタメニュース】の常連と言えば、薬物の清水健太郎ですが、出所した時、安岡力也がボコボコにして説教したということです。

しかし、それでも懲りず、【エンタメニュース】の薬物の常連は、既に6回も罪を犯してしまったのです。

そして、【エンタメニュース】の常連には、今年1月に韓国で第2子を出産して、先月仕事復帰した小雪がいます。

彼女は夫で俳優の松山ケンイチとの夫婦仲もよく、仕事も家庭も順調ですが、【エンタメニュース】の常連なのです。

理想的な女性像といえる彼女ですが、実は【エンタメニュース】では、嫌いなランキングに登場する常連です。

他のアンケート企画でも安定した嫌われぶりを発揮している小雪は、【エンタメニュース】でもごくしぜんな常連となりました。

彼女がそこまで嫌われる理由は、【エンタメニュース】での金環日食騒動がきっかけといわれています。

 

【エンタメニュース】の常連となったのは、日食の前日に開催された映画のイベントで、もう見たという発言をしたからです。

世間のヒンシュクを買った小雪は、たちまちのうちに嫌われ、【エンタメニュース】の常連となったのです。

その場の空気で簡単にウソがつける女、という印象が強くなり、【エンタメニュース】での嫌いなランキングの常連となりました。

イメージ悪化に危機感を抱いたのか、その後、小雪は庶民派をアピールしましたが、【エンタメニュース】の常連となった後では遅かったのです。

態度や言動に作られた感があることが露呈していて、【エンタメニュース】でも、安易にボロを出しています。

小雪が嫌われているのは芸能人ゆえの嫉妬ではなく、本人や事務所のイメージ戦略にも問題があると【エンタメニュース】では伝えています。