orange-オレンジ土屋太鳳主演で2015年12月12日公開

orange-オレンジは、高野苺による日本の漫画で『別冊マーガレット』(集英社)にて2012年4月号から2012年12月号まで連載されました。監督橋本光二郎によって映画として2015年12月12日公開されます。
キャストは主演が土屋太鳳、山崎賢人。 わきを固める豪華キャストは竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみ、鶴見辰吾、真野恵里菜、森口瑤子、草村礼子です。

ストーリーは、高校2年生の高宮菜穂(土屋太鳳)に、10年後の自分から手紙が届く。そこには、26歳になった自分が後悔していることがいくつもあり、転校生の翔(山崎賢人)を好きになるが、彼が1年後に死んでしまうこともかいてあった。はじめは、イタズラだと思った菜穂だったが、手紙に書かれていることが現実に起こり始めと菜穂は後悔しないため、そして翔を救うために行動を起こすストーリーです。 
v好きな人のため、自分のミライを変えるために奮闘する青春映画です。

解説 高野苺のコミックを映画化した作品で、手紙届くことによってすべてが始まる展開にドキドキが止まらい映画です。未来からの手紙によって運命を変えようと努力するヒロインの姿をがむしゃらにも一生懸命生きる姿をさわやかに描く青春を感じさせる作品です。手紙により10年後の自分が後悔していることを知った女子高生が、大切な人を救おうと行動する姿を映す。 NHKの連続テレビ小説「まれ」の土屋太鳳と山崎賢人がヒロインと相手役で再共演。『君に届け』やテレビドラマ「鈴木先生」などに携ってきた橋本光二郎が、長編映画で初のメガホンを取ります。土屋と山崎のほかにも、『マジックナイト』などの竜星涼や『神さまの言うとおり』などの山崎紘菜らが出演しています。 是非劇場でご覧ください。

orange-オレンジ
土屋太鳳の愛用の美白化粧品の体験談はコチラ
土屋太鳳の最新情報はこちらから