ユン・サンヒョンの歌

このコンサートでユン・サンヒョンは日本でのデビュー曲最後の雨をはじめ、日本で4枚目のシングルとなる悲しみにさよならなど20曲を歌っています。
このユン・サンヒョン、韓国の木村拓哉といわれ、人気を集めているとのことですが、それほど似ていないと思うのは私だけでしょうか。
ユン・サンヒョンは、韓国だけでなく、最近では日本でも歌手としてコンサートなどの活動を行っています。
この最後の雨という歌は、中西保志の歌をリメイクしたものですが、ユン・サンヒョンだけでなく、倖田來未もリメイクをしています。
今後、俳優だけでなく、歌手としてのユン・サンヒョンの活動がますます期待されますね。
歌手を目指していたというだけあってユン・サンヒョンは歌もかなり上手で、注目を集めました。
その後、俳優としてだけでなく、ユン・サンヒョンは歌手としても活動を広げています。
ユン・サンヒョンも好きだったということは韓国でも最後の雨のような日本のヒット曲って人気があったということなんでしょうね。
日本でのユン・サンヒョンの歌手デビューは、2010年の最後の雨という歌ですが、この歌、懐かしいですよね。
元々歌手を目指していたユン・サンヒョンですが、デビュー作は、百万長者と結婚する方法というドラマで俳優としてデビューしています。
最後の雨って確かすごくヒットした歌だったように記憶しているのですが、倖田來未がリメイクしていたとは知りませんでした。
ユン・サンヒョンのデビューは2005年、32歳でのデビューとなり、どちらかというとかなり遅いデビューのように思います。
ブログやサイトなどを見てみると最後の雨はユン・サンヒョンが学生時代に聴いていた歌なんだそうです。
ユン・サンヒョンは、2012年2月から3月にかけて大阪、名古屋、そして東京でコンサートを行っています。
ユン・サンヒョンとは関係ないのですが、なぜか中西保志と中西圭三が混乱してしまうのは私だけでしょうか。
最後の雨と同様に、悲しみにさよならも、1985年に発売された安全地帯のリメイクですが、すごく懐かしいですね。ユン・サンヒョンは、1973年9月21日生まれの韓国の俳優、そして歌手です。
この悲しみにさよならもユン・サンヒョン以外にも島谷ひとみや黒澤萌などがリメイクしています。
今後、最後の雨、悲しみにさよならのほか、ユン・サンヒョンがどんな日本のヒット曲をリメイクするのか楽しみです。
その後、2009年にユン・サンヒョンが主演した、僕の妻はスーパーウーマンというドラマの中で歌を披露しました。
ユン・サンヒョングッズ買取
アイドルグッズ買取