BIG BANGのジョン

2011年は、BIG BANGのメンバーである「テソン」も交通事故で不起訴処分となっています。
このため、BIG BANGの活動は厳しいものであったことになります。
今はたくさんの韓流アイドルが日本に来ていますが、BIG BANGはその中でも人気があるグループのひとつではないでしょうか。
BIG BANGの特徴として、日本にはあまりないヒップホップソングを実践しているところが挙げられます。
BIG BANGのジョンはセンスがよくて有名で、韓国でも一目おかれる存在である様です。
BIG BANGのジョンは、韓国ではG-DRAGONと呼ばれています。
YGエンターテイメントは、BIG BANGの日本での音楽性を守る為に、エイベックスと組んでYGEXと言う会社を設立しました。
また、合同会社の設立により、BIG BANGのコンサートも今後増えていくかもしれません。
日本のファンにとって、BIG BANGを見る機会が増えると言うのは嬉しいですよね。
BIG BANGと言えば、リーダーの「ジョン」を忘れるわけにはいきません。
これにより、BIG BANGは自分たちの音楽性を日本でも貫くことができる様になりました。
ファンも変わらずBIG BANGも応援している様ですね。
BIG BANGのジョンは、日本の音楽業界を高く評価しており、「韓国では新人はバラエティに出るのが当たり前だが、日本では新人でも音楽性を尊重してくれる」などという発言もあります。
BIG BANGジョンは、日本のアーティストの音楽もよく聞いているようで「中島美嘉さん」などを聞いているそうです。
ただ、BIG BANGのメンバーはきちんと謝罪をして日本でのコンサートも実施しています。
BIG BANGの音楽やMV、コンサートなどのプロデュースは、すべてこのジョンことG-DRAGONが行っており、グループの中心人物となっています。BIG BANGとは、韓国を代表するヒップホップグループ。
やはり、音楽を作る立場であるBIG BANGのリーダーだからこそ、様々な音楽を聴いているのでしょうか。
BIG BANGのジョンは、2011年に大麻喫煙が発覚。
BIG BANGが所属しているYGエンターテイメントの「2NE1」も、女性ではありますがヒップホップを披露しているグループ。
そのせいで起訴猶予処分となってしまい、BIG BANGの活動が停止することになりました。
東方神起や少女時代などと並んで有名なBIG BANGは、日本のK-POPファンの間でも非常に高い人気があります。