月別アーカイブ: 2010年11月

江のファンブログ

主演を務める女優も、篤姫の宮崎あおいに対して江は上野樹里と、人気実力のどれを取っても負けていません。
江がどれだけの人気ドラマになるのか今の段階では何も分かりませんが、期待できる事だけは確かですね。
一つは、両方の脚本を手掛けるのは田渕久美子という接点です。
聞き逃してしまったキャストや把握していない人物相関など、ブログからバッチリチェックして江の放送開始に備えたいですね。
そしてもう一つ、篤姫は大奥を終わらせた人物として知られているのに対し江は大奥を始めるきっかけを作った人物とされています。

江の放送がスタートするまでの時間を使い、史実からドラマの予想をしてみるというのは如何でしょう。江は、大河ドラマ50作目という事や人気沸騰中の龍馬伝に続く作品という事からかなり注目されています。

江についての情報は、ブログから常に最新のものがチェックできるようになっています。
こうしてみると、江は注目されるべくして注目されていると言えるのではないでしょうか。
今はまだ江に関連したブログというと公式的なものが多いですが、放送がスタートすればファンによるブログが次々と開設されていくのではないでしょうか。
自分とは違った解釈などが見られ、江をより一層楽しむ事が出来るのではないでしょうか。
ファン同士の交流というのは、やってみると面白いものですよ。
他の視聴者が江についてどう感じているのかといった事や、或いはブログを通じてファン同士の交流が出来るかもしれません。
好きな人になると、江のロケ地を巡ったり縁のある血を巡ったりもするようです。
江のように女性が主人公となった作品と言えば、最近では篤姫が記憶に新しくこちらも大ヒットしたことから一層の期待が込められているのでしょう。
何せ、江の登場人物の顔ぶれは戦国時代のオールスターとさえ言えますからね。
大きな事件であれば踏襲されるでしょうし、歴史の勉強という点からいっても江は丁度良いでしょう。
因みに江と篤姫とには不思議な接点が幾つかあります。
当然、それらを演じる役者たちも日本では人気と実力を兼ね備えた者達ばかりですからね。
三氏のファンという方ならばかなり多いと思われるので、そうした視点から江を楽しんでみるのも面白そうです。
織田信長と豊臣秀吉と徳川家康の三人に、これだけ縁のある人物はそう多くありません。
江のドラマティックな人生が、テレビドラマでどう描かれるのか今から注目たいのは当然なのかもしれません。
ブログ以外にも様々なサイトから、江に関する情報を収集することが出来ます。

江の歴史的背景

江というのは2011年よりスタートする大河ドラマのタイトルであり、その主人公になる崇源院の事でもあります。
江だけでなく三姉妹のそれぞれが数奇な運命を辿っており、歴史的背景をなぞるだけでもかなり楽しめるでしょう。
ドラマが待ち遠しいのなら、歴史から江という人物に触れてみては如何でしょうか。
戦国時代と言えば、日本史でもトップレベルの知名度を誇る織田信長や豊臣秀吉らが活躍した時代ですが、江はこの二人と親戚関係にあります。
江の歴史的背景に、俄然関心が高まったのではないでしょうか。
更に言えば、戦国時代から江戸時代へと導いたと言われる徳川家康もまた江とは義理の親娘となるのです。
まだ若手ながら、コミカルな役から性格の難しい役までを幅広く演じており、上野樹里流の江に今から多くの期待が寄せられます。
江は最終的に徳川秀忠の妻となるのですが、長姉の茶々は豊臣秀吉に嫁いだ事もあり姉妹でありながら対立してしまいます。
つまり、織田信長は江にとって伯父にあたります。

江の両親は浅井長政と市ですが、浅井長政は織田信長と親密な関係にあり市は信長の妹でした。
この江という人がどんな人物かというと、今放送されている大河ドラマの龍馬伝で主人公になっている坂本龍馬にも注目度では負けていません。
この二人の姉と江を合わせた三人を、浅井三姉妹と称しており日本では最も有名な三姉妹と言えるかもしれません。
後に江は姉妹と敵対する事になってしまうのですが、この辺りにも戦国時代特有の歴史的背景が関わっています。
江自体に昔から注目していた方は多くないかもしれませんが、その周囲の人々を見れば誰もが納得するでしょう。
しかしながら江の前に二人の娘を授かるなど、仲は良かったともされています。
因みに、大河ドラマ江の舞台となるのは戦国時代です。

江に出演する役者達にも関心が集まっています。
主人公である江には、既に数々のドラマで主役に抜擢され独特の存在感を示している上野樹里が起用されました。
浅井長政と市の結婚は政略結婚といわれ、殺伐とした歴史的背景が伺えます。
また、江の三番目の夫になる徳川秀忠には、今最も注目されている若手俳優といっても過言ではない向井理が起用されています。
脚本によっては後半からの出番となるでしょうが、向井理への関心から江を注目するという方も多そうですね。
他にも、江の登場人物は戦国時代を凝縮したような錚々たる顔ぶれとなっているのでキャストからでも十分に楽しめます。
江についての詳しいキャストや歴史的背景などの情報は、ブログやサイトから簡単に収集することが出来ます。

江の徳川秀忠役に注目の向井理

江は龍馬伝に続く大河ドラマとして、また大河ドラマ通算50作目ということでかなり注目されているのではないでしょうか。
ドラマが始まるのを今から楽しみに待っているのも良いですが、せっかく時間があるなら江について色々チェックしてみると面白そうです。
龍馬伝の以前にも篤姫のブームが記憶に新しく、篤姫へと繋がる意味で江にも自然と期待が集まります。
実際、向井理が出演するのなら江を見てみようと思っている方も多いのではないでしょうか。
主人公となる江には、今やすっかり若手の演技派女優として名を轟かせている上野樹里が抜擢されました。
この安定感のある配役は、江が大河ドラマであるからこそと言えるでしょう。
江は主要人物だけでなく、すぐ脇にも錚々たる歴史上の人物が名を連ねているのでキャストを見るだけでも価値はあります。
そして、江にとって最後の夫となる徳川秀忠にはNHK繋がりで人気の高い向井理が抜擢されています。
歴史に疎い方でも、江がどんな人物かは一目瞭然です。
それも、脇役ではなく江の夫という重要なポジションですからね。
ファンのみならず、2010年一気にブレイクした向井理がどう徳川秀忠を演じるのかに興味津々でしょう。
もちろん、若手だけが頑張っている訳ではありません。
江に出演するキャストのうち、ベテラン勢としては北大路欣也や石坂浩二には貫禄ある演技が期待できますね。

江の時代背景を、今のうちにチェックしてみませんか。
江に登場する徳川家康は北大路欣也ですが、豊臣秀吉には岸谷五朗が、織田信長には豊川悦司がそれぞれ選ばれています。
元々、大河ドラマというのは注目度の高い枠ですからね。
複雑な人間関係も、変わった視点から楽しめるでしょう。
何よりも、発表されたキャストからして注目せざるを得ません。
特に北大路欣也は徳川家康役として、江の物語上でも非常に重要なキャラクターとなっています。

江の夫である徳川秀忠役に選ばれた向井理ですが、2010年に出演したゲゲゲの女房からの流れは多くの人を惹きつけそうです。
その他の江に関する詳しい情報は、ブログやサイトから簡単にチェックすることが出来ます。
まずは手始めに、江の人物相関図をチェックしてみては如何でしょうか。
同時に歴史を知る事にも繋がるので、江を知る事は決して無駄にはなりません。
戦国時代の、一度は名前を聞いたことがあるような人物が目白押しですよ。
何より、予備知識があればドラマを一層楽しんで見る事が出来ますからね。

江の評判

江は、2011年からスタートする大河ドラマのタイトルです。
そんな江を大河ドラマで演じるのは、コメディな役からシリアスな役まで演じる若手実力派女優としてしられる上野樹里です。
江がどんな人物だったかというと、これはまず家系図を見てみるのが良いかと思います。
キャストの注目度で言えば、江の最後の夫となる徳川秀忠にはゲゲゲの女房で爆発的にヒットした向井理が抜擢されています。
江ではなく田渕久美子の作品に対する評判ならば、同じ大河ドラマ繋がりで篤姫からチェックしてみると良さそうです。
小説としての評判はあまり良くないものの、江というドラマのあらすじを知るための本としては良いというのが大筋の意見でしょうか。

江という人物について、少しチェックしてみませんか。
この二人の姉というのが、豊臣秀吉の妻となる淀と京極高次の妻となる初で徳川秀忠の妻になる江を加えた三姉妹は日本で最も有名な三姉妹とも言えるでしょう。
ブログやサイトを利用すれば、江について詳しい情報を簡単に収集することができます。
歴史にあまり興味がない方でも、江や秀忠を演じる役者目当てで見ようと思われる方が出てきそうですね。
ドラマとしての江の評判を知ることはまだ出来ませんが、原作本の評判ならば簡単に分かります。
評判をざっくり見てみると、小説としてよりも大河ドラマ江の原作本として評価されている感がありますね。
それも、ただ有名なだけでなく江達は戦国時代のキーパーソンとさえ言えますからね。
因みにこの本を書いているのは、当然ながら江で脚本を担当する事になっている田渕久美子です。
因みに、江の脚本を手掛けるのは大河ドラマ的には篤姫以来となる田渕久美子です。
篤姫は大奥を終わらせた人物で江は大奥の始まりに関わる人物という事で、田渕久美子には何らかの縁を感じずにはいられません。
江は織田信長と密接な関係にあった浅井長政と市のもとに生まれ、二人の姉と共に浅井三姉妹と呼ばれることがあります。
予習がてら、読んでみては如何でしょうか。
ややこしいですが、江はドラマのタイトルであると同時に主人公の崇源院を指す言葉でもあります。
今まで江達を知らずに戦国時代を覚えていたという方は、これがキッカケで歴史に対する認識が改まるかもしれません。
家系的には一流で、しかし結婚を三度も繰り返したり両親を殺されたりと、江の人生は波乱に満ちていたと言えるでしょう。
織田信長や徳川家康も安心のキャスティングがされているので、俳優から江を楽しんでみるのも良いでしょう。

江は2011年からスタートするドラマですが、原作本が既に出ています。

江の市役・鈴木保奈美

まだ何も分かりませんけどね。
放送開始はもう少し先になりますが、今から江が待ち遠しいです。江と言えば戦国時代の人で、浅井長政と市を親に持ち浅井三姉妹と呼ばれるなかでは末妹にあたります。
80年代から90年代にかけて様々なドラマで存在感を示してきた鈴木保奈美が、江でどんな市を作り上げてくるのか注目している方も多いでしょう。
どんなに歴史が苦手という方でも、これだけで江が凄い人達に囲まれた人だという事が分かるでしょう。
なるべくしてドラマになった、という感じがしますね。
江をメインに家系図を作るとかなり豪華になり、織田信長が伯父になり徳川家康が義父となり、豊臣秀吉が義兄となるのです。
江の周りには歴史を動かした張本人たちが集まっているので、総合的に歴史の勉強をすることにも繋がりますよ。
たとえば主役となる江には若手女優の中でも演技力に定評のある上野樹里が、最後の夫となる徳川秀忠には注目の若手俳優でもある向井理が抜擢されています。
市もまた、江ほどではありませんが波乱に満ちた人生を送っていますからね。
絶世の美女として名を馳せた市に鈴木保奈美ということで、江を見る前からなるほどと唸った方も多いのではないでしょうか。

江は大河ドラマとして、キャストもかなりの豪華仕様になっています。
ただ凄い人達に囲まれていただけではドラマにならず、江はその人生が波乱に満ちていました。
両親となる浅井長政と市には、それぞれ時任三郎と鈴木保奈美とが担当しています。
時任三郎と鈴木保奈美の夫婦役というのも、江の見所に挙げられるかもしれません。

江の放送開始が今から待ち遠しいという方も、かなり多いことでしょう。
江の三度の結婚は、戦国時代においてかなり大きな意味を持っており結果的に実の姉と対立する事にまでなってしまうのです。
或いは来年の今頃に、江が終わってしまう事に対して寂しさを覚えている方が多いという状況も考えられます。
まだ何も分からないのなら、歴史から江の世界観を予習してみるというのは如何でしょうか。
一方で、江が始まるということで今の大河ドラマでもある龍馬伝が終わってしまうことに寂しさを覚えている方も多いのではないでしょうか。
多少の脚色はあるとしても史実を無視することは出来ないので、歴史からも江の展開は予想できます。
鈴木保奈美と言えば、結婚して芸能界から長いこと遠ざかっていましたが、江の市役を契機に芸能界復帰と目されています。
ブログやサイトを利用すれば、江について詳しい情報を簡単にチェックすることが出来ます。