月別アーカイブ: 2012年4月

ユン・サンヒョンの来日

ユン・サンヒョンの初来日をブログやサイトなどで調べてみたのですが、2009年8月と日本での歌手デビューの半年ほど前なんですね。
写真や動画などを見てみると、少し落ち着いた感じの俳優さんだなと思っていたのですが、ユン・サンヒョンのデビューは32歳の時だということで少し驚きました。

ユン・サンヒョンの初来日では、コンベンションとファンミーティングが行われ、そこで日本のデビュー曲となる最後の雨を披露しています。
中西保志のヒット曲、最後の雨は、ユン・サンヒョンだけでなく、様々なアーティストがカバーしていますよね。
でも、2005年にドラマでデビューして以来、ユン・サンヒョンは多くのドラマに出演し、人気を集めています。
2009年にはユン・サンヒョンは、僕の妻はスーパーウーマンというドラマで主演、またドラマで歌を披露したことで、歌手デビューを果たしました。

ユン・サンヒョンの初の日本ツアーは、2012年2月から3月にかけて行われました。
ユン・サンヒョンの来日情報は、公式サイトやオフィシャルブログなどで知ることができます。
You Tubeなどでユン・サンヒョンの歌を聞いてみましたが、確かにすごく上手で、コンサートなどで生で聞いてみたいなと思いましたね。
また、この来日の際には、NHKBSプレミアムで放送されるシークレット・ガーデンの公開記者会見にもユン・サンヒョンは出演しています。
現在ではオフィシャルブログや、日本語公式サイトもあるユン・サンヒョンは、来日するごとに日本語が上達しているのではないでしょうか。
日本語公式サイトから入会できるユン・サンヒョンのファンクラブでは、来日した際のファンミーティングやイベントなどの先行予約ができるようになっています。
デビューまでは苦労が多かったと言われるユン・サンヒョンですが、ドラマの主演から歌手デビュー、日本への来日、デビューと順調ですね。
ブログやサイトによると、ユン・サンヒョンの歌は定評があり、イベントの先行予約を求めてファンクラブに入る人もいるようです。
初来日以降、何度もユン・サンヒョンはイベントやファンミーティングなどで来日しています。
初の日本ツアーとなるブラックマウンテンは、大阪、名古屋、東京で行われ、7,000人のファンがユン・サンヒョンの歌を楽しんだとのことです。
韓国だからというわけではなく、32歳でのデビューというのは、日本でも少し遅い方ではないかなという気がします。
公開記者会見以外にも、ユン・サンヒョンは、シークレット・ガーデンのプロモーションに参加しています。
初の日本ツアーでユン・サンヒョンが語ったところによると、今後は映画の撮影などがあるとのことなので、次の来日は少し先になるかもしれませんね。
プロフィールによると、ユン・サンヒョンは1973年9月生まれで、俳優デビューは、2005年となっています。

資生堂HAKU

ユン・サンヒョンのNHKハングル講座

2012年4月より放送されるのは、ユン・サンヒョンが出演しているドラマ、シークレット・ガーデンです。
現在のハングル講座には出演していないようですが、ユン・サンヒョンは、2010年4月からのスキットドラマに出演していました。
ユン・サンヒョンは、歌手を目指していたというだけあって、歌が韓国の俳優の中でもすごく上手で、日本でのコンサートもたくさんのファンが詰めかけました。

ユン・サンヒョンは、NHKBSプレミアムで放送されるシークレット・ガーデンの公開記者会見にも出演しました。

ユン・サンヒョンは、NHKハングル講座に出演していた2010年には、日本で歌手デビューし、さらに注目を集めました。
ユン・サンヒョンの公式サイトを見てみると、NHKBSプレミアムで放送されるシークレット・ガーデンのオフィシャルガイドの発売が決定しています。
ちなみに、ユン・サンヒョンのファンクラブの会員には先行予約特典として、クリアファイルが貰えるとのことです。
ユン・サンヒョンが出演することで、ちょっとハングルを学んでみようと思った人もいるのではないでしょうか。
NHKBSプレミアムで放送されるユン・サンヒョン出演のシークレット・ガーデンで韓流ドラマを楽しみませんか。
2012年2月から3月にかけて行われたユン・サンヒョンの日本ファーストコンサートは、4月からNHKBSプレミアムで放送されるドラマのプロモーションも兼ねていました。ユン・サンヒョンの出演していた番組などをサイトやブログなどで調べてみると、NHKのハングル講座がありました。
ユン・サンヒョンだけでなく、数多くの韓流スターが日本で活躍する中、多くのファンがNHKのハングル講座で韓国語を学んでいるのではないかと思います。
シークレット・ガーデンは、韓国では2010年11月から2011年1月にかけて放送されていたドラマです。
このドラマは、ユン・サンヒョンが出演しているだけでなく、ヒョンビンが軍隊入隊前の最後に出演したドラマとしてもよく知られています。
ユン・サンヒョンの役は、歌手ということなので、ドラマの中でも歌うシーンがあるのかもしれませんね。
NHKふれあいホールで行われた公開記者会見には、ユン・サンヒョンだけでなく、主演のハ・ジウォンも出演したとのことです。
2011年春に軍隊に入隊したヒョンビンは、いませんでしたが、会見中に軍隊入隊前のインタビューが紹介されました。
最近、注目を集めているユン・サンヒョンと一緒にハングルを学べるのであれば、ますますファンは嬉しいかもしれませんね。
ちなみにユン・サンヒョンは、2010年12月に発売されたハングル講座の教材の表紙モデルにもなりました。
ちなみにスキットドラマとは、会話を学ぶための寸劇で、語学講座などで会話の実例を学ぶために演じられます。

EGF美容液セルビック

ユン・サンヒョンのコンサート

ブラックマウンテンというタイトルのユン・サンヒョンのコンサートツアーには、3か所で約7,000人の動員数でした。 色々ブログやサイトなどで調べてみると、ユン・サンヒョンは元々は歌手志望だったんですね。 私はユン・サンヒョンだけでなく、韓流スターのことはあまり詳しくないのですが、日本で歌手デビューしている韓流スターってかなりいるようですね。 歌手だけの韓流スターもいれば、ユン・サンヒョンのように俳優としても活躍している人もいます。 俳優としてだけでなく、歌手としても大活躍のユン・サンヒョンの次のコンサートツアーが楽しみですね。 ユン・サンヒョンの日本での4枚目のシングルとなる安全地帯のカバー曲、悲しみにさよならも披露されました。 ユン・サンヒョンは、高校時代には声楽家になるように音楽の先生に勧められたこともあるとのことです。 ユン・サンヒョンの日本でのファーストコンサートツアーは、2012年2月に大阪、3月に名古屋と東京で行われました。 なぜ、このコンサートツアーがブラックマウンテンというタイトルか、少し気になったのでブログやサイトなどで調べてみました。 ブラックマウンテン最後の東京公演では、約3,000人のファンがユン・サンヒョンの歌を楽しんだとのことです。 ユン・サンヒョンって、俳優としても活躍していますが、最近では日本でも2010年に歌手デビューし、歌手としてもすごく活躍しています。 ユン・サンヒョンは、日本語の歌も歌っているので、歌詞だけでなく、MCも日本語となると大変だろうなあと思ってしまいました。 アンコールでは、尾崎豊のI Love Youを韓国語で歌ったとのことですが、ユン・サンヒョンが歌う日本語のI Love Youも聞いてみたいですね。 ユン・サンヒョンのファーストコンサートツアー、ブラックマウンテンでは、デビュー曲、最後の雨をはじめ、20曲を歌ったとのことです。 ブログ記事などによると、夜に登山をした時に見た夜空の雰囲気が忘れられないので、その素晴らしさをファンの人たちと共有したいとユン・サンヒョンが決めたそうです。 コンサートに参加した人のブログなどを読むと、ユン・サンヒョンってコンサートの間、MCも日本語でしているんですね。 でも、最後の雨や悲しみにさよならって今の若い人は知っているのかなと思ってしまいました。ユン・サンヒョンのコンサートが2012年2月から3月にかけて行われたとのニュースをブログで見つけました。 その他にも、ドラマ、シークレットガーデンの挿入歌など韓国語の歌も盛りだくさんだったようです。 何人かの韓国の俳優兼歌手の歌を聞いてみたのですが、その中でもユン・サンヒョンはかなり歌が上手だなと感じました。

アイドルグッズ買取