タグ別アーカイブ: 大泉洋

大泉洋のタレント力

【大泉洋】は、俳優でありながら、マルチに才能を発揮する優れたタレントであり、彼のタレント力には脱帽するものがあります。

体当たり的なロケでは、ありとあらゆるハプニングを起こし、【大泉洋】は、グルメ番組では関係ない共演者とのけんかなどもします。

とにかく【大泉洋】のタレント力は素晴らしく、数々の暴言と名言など、他のタレントにはない魅力があります。

そして、【大泉洋】は、多彩なものまねまで披露していて、彼のタレント力の幅の広さには驚かされるものがあります。

とにかく魅力がいっぱいの【大泉洋】で、彼のバラエティの魅力には、誰を持ってしても太刀打ちできません。

暴れん坊ママなどの【大泉洋】の演技を見ていても、自然でありながらややテンション上げ気味の演技力は圧巻で、タレント力を垣間見ることができます。

何より、【大泉洋】には表情の豊かさがあり、タレント力と相俟って、慣れ親しんだあのヘアスタイルがあります。

 

【大泉洋】には、演技からにじみ出る人柄の良さがあり、タレント力にそれがプラスされて、後押ししています。

多くの人が【大泉洋】のタレント力に圧倒されて、魅了され、思わず惹きこまれてしまっています。

【大泉洋】の魅力の神髄は、水曜どうでしょう、などを始めとするバラエティ力にあり、それがそのままタレント力につながっています。

もじゃもじゃの頭ですらっと背が高くて長い手足、眠たそうな瞳と、【大泉洋】には、本質的にタレント力が備わっているとしかいいようがありません。

また、【大泉洋】は、指が長くてとてもきれいな手をしているのに、舌ったらずでなまり口調です。

三枚目なのに、なぜかかっこいいところがあり、【大泉洋】のタレント力は、まさに天性のものと言っていいでしょう。

また、【大泉洋】には、芸人さんに間違えられるくらいに面白いところがあり、北海道を愛する優しい心もあります。

 

【大泉洋】のタレント力は素晴らしく、ぼやいて文句ばっかり言っているのに、全く嫌味がありません。

そして、【大泉洋】は歌が意外と上手く、隣に住んでいそうな気のいい兄ちゃん風の感じがまたたまりません。

ものまねが微妙に面白く、欲がないところが良く、【大泉洋】は、実に多彩で、東京でも互角にやりあっています。

ナックスとしてしっかりお芝居をしていることが、【大泉洋】のタレント力アップに貢献しているのかもしれません。

自分も面白いけど、相手のことも上手に面白くできるところが、【大泉洋】にタレント力のある最たる所以です。

身近な存在でありながら、【大泉洋】はマルチな才能を持っているので、親しみやすい大スターです。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫

大泉洋のキャラクター

【大泉洋】というと、今やどの番組を見ても出演している感じで、キャラクターとしては、いじられ役が多いです。

いじられキャラと化している【大泉洋】ですが、北海道で活躍していた時も大体、いじられるキャラクターでした。

肩書きは俳優なのか、タレントなのか、【大泉洋】の場合、わかりにくい部分がありますが、親しみやすいキャラクターであることに違いはありません。

どちらかというと、【大泉洋】のキャラクターとしては、バラエティでのキャラが印象深い傾向にあります。

しかし、バラエティに出るときは【大泉洋】は、大抵はドラマの宣伝として出ているので、タレントというよりは俳優と言う感じもします。

最近では俳優としての活動が多くなってきたので、【大泉洋】は、いじられるキャラクターは少なくなってきました。

キャラクター的には、【大泉洋】は、俳優の仕事もやっているタレントというのが、一番ピッタリくるかもしれません。

 

【大泉洋】は、TVではよくいじられるキャラクターであるので、タレントの方が色濃いと見る人が多いようです。

元々の【大泉洋】の肩書きは、ローカルタレントであり、王様のブランチという番組内で彼自身がそう答えています。

しかし、【大泉洋】は、お芝居に歌に、バラエティにエッセイにと、あらゆる物に関与しているので、キャラクター的に的を絞りにくい面があります。

実際、これというものに絞り切れていないのが【大泉洋】であり、1つのキャラクターには定着しにくい感があります。

本人自身、いろいろやりたいので、【大泉洋】は自らしぼりきれないキャラクターを演じている感じがします。

あえて肩書きはなにかと問われた時は、【大泉洋】はローカルタレントと答えていて、それは北海道を大切にしている証拠です。

まさしく【大泉洋】らしい表現であり、全国区のテレビでは、ひたすらいじられるキャラクターを演じています。

 

【大泉洋】は、いじられるキャラクターが定着していますが、彼の一番のよさは、ぼやき芸でしょう。

【大泉洋】のぼやきはとても秀逸で、彼が不平や不満を言い続けても、見ている方には全く不快感がありません。

相手に不愉快な思いをさせず、不平や不満を面白く伝えられるのは、まさに【大泉洋】の才能と言っていいでしょう。

まさに【大泉洋】の人柄がよく表れていて、彼は毒を吐くときの口調やチョイスする言葉を上手く調整しています。

一方で、【大泉洋】は、TEAM NACSというグループの演劇ユニットのメンバーの一人であり、多彩な一面を持っています。

最近では、【大泉洋】は、アサヒ飲料の新商品のCMに出ていて、オリジナルキャラクターの声優を務めています。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫

大泉洋と演劇

【大泉洋】は、演劇ユニットのTEAM NACSのメンバーであり、北海道の深夜番組、水曜どうでしょうで一躍人気者になります。

ラジオにレギュラー出演後、【大泉洋】は、演劇の腕を生かし、救命病棟24時、小早川伸木の恋などの全国放送のドラマに出演します。

類稀なる演劇の才能がある【大泉洋】は、ドラマで2006年には、おかしなふたりと言う深夜ドラマの作品で、初主演を務めます。

その後、2008年11月には、【大泉洋】は、サザンの名曲33曲をモチーフにした33話のショートドラマにも出演します。

そして、【大泉洋】は、演劇の腕を認められ、the 波乗りレストラン、赤鼻のセンセイで、見事、主演に抜擢されます。

他でも、2010年には、NHK大河ドラマの龍馬伝で、【大泉洋】は、近藤長次郎役を見事に演じていて、演劇の才能を発揮しています。

そして、【大泉洋】は、フジテレビの三夜連続スペシャルドラマである、わが家の歴史などにも出演しています。

 

【大泉洋】は、学生時代から演劇で活躍していたこともあり、WOWOWのドラマW、プラチナタウンでも主演を務めています。

そして、演劇の腕を買われた【大泉洋】は、映画にも多数出演していて、主演映画の探偵はBARにいる、では日刊スポーツ映画大賞を受賞しています。

また、同時に石原裕次郎賞、第35回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞していて、【大泉洋】の演劇の力が買われています。

そして、【大泉洋】は、2012年には、しあわせのパンにも出演していて、地元北海道を舞台にした映画が大ヒットしています。

また、グッモーエビアンと言う作品では、【大泉洋】は、麻生久美子とのW主演を果たしていて、彼の演劇の力が大きく開花しています。

さらに、2013年には、【大泉洋】主演の探偵はBARにいる、の続編、探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点が公開されています。

実際の演劇としても、【大泉洋】は、三谷幸喜氏原案、脚本、演出の、清須会議と言う作品で、豊臣秀吉役を演じています。

 

【大泉洋】は、CMにも多数出演していて、LIONのPRO TEC、スクラート胃腸薬などにも出演して話題になっています。

その他でも、【大泉洋】は、千と千尋の神隠し、ブレイブ・ストーリーなどで、声優としても活躍しています。

2009年から上演している演劇ユニットTEAM NACSにおいても、【大泉洋】は自ら、脚本、演出を手掛けています。

2013年に入ると、【大泉洋】は、自身の過去8年間に渡るエッセイ連載をまとめた、僕が綴った16年を出版しています。

演劇の舞台では、【大泉洋】は、TEAM NACS結成15周年にて、大泉ワンマンショーを開催しています。

3年ぶりとなった、TEAM NACSの演劇舞台公演では、【大泉洋】は、明智光秀役で全国18ヶ所、59の公演を務めあげています。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫

大泉洋とTEAM NACS

【大泉洋】の原点となるのは、まさに彼が所属するTEAM NACS にあるといっても言い過ぎではないでしょう。

TEAM NACS は、日本の演劇ユニットで、【大泉洋】をはじめ、北海道ローカルのテレビ番組に多数出演しているグループでもあります。

【大泉洋】がメンバーのTEAM NACS は、北海道札幌市にある芸能事務所、CREATIVE OFFICE CUEに所属しています。

そして、TEAM NACSは、大手芸能事務所アミューズと業務提携を行っていて、【大泉洋】はそこ所属しています。

北海道札幌市にある北海学園大学演劇研究会出身の5人による演劇ユニットがTEAM NACSで、その中のメンバーが【大泉洋】です。

TEAM NACSのメンバーは、【大泉洋】の他、主宰の森崎博之、安田顕、佐藤重幸、音尾琢真で構成されています。

ちなみに、森崎、安田、佐藤、【大泉洋】、音尾という順番で、それぞれ番号がついていて、基本は大学入学順になっています。

 

【大泉洋】が二浪入学で、安田がストレート入学、佐藤が一浪であることから、こうした順番になっています。

TEAM NACSのメンバー【大泉洋】は、ここで演劇の地盤を固めていて、これが後の俳優活動に身を結ぶことになります。

TEAM NACSの由来は、最終的には演劇研究会で浮いていた【大泉洋】を含む5人の呼び名から取ったものとされている。

変わり者、はみ出し者と言う意味がTEAM NACSにはあり、なんとなく、【大泉洋】のイメージにもマッチします。

ちょっとからかわれている感じもしますが、そこがまたTEAM NACSのメンバー【大泉洋】にはふさわしいと言えます。

旗揚げは1996年で、TEAM NACSのメンバー【大泉洋】は、先輩森崎の卒業時に、第1回公演を果たしています。

それで終わるはずの予定だったのですが、その後、TEAM NACSは、【大泉洋】、森崎、安田、佐藤、音尾と共に正式に活動することになります。

 

【大泉洋】は、TEAM NACSとして活動を再開することになり、これまでに11本の芝居を上演しています。

同じメンバーで変わることなく続けているのがTEAM NACSの素晴らしいところで、【大泉洋】は評価されています。

TEAM NACSのメンバー【大泉洋】と共に、劇団員全員がテレビやラジオなどの媒体で活躍しています。

いわゆるTEAM NACSのメンバーは、【大泉洋】と同様、タレント活動をしていて、それを生業にしています。

【大泉洋】のようにTEAM NACSのメンバーは、北海道のローカル番組に積極的に出演していて、ほぼでずっぱりと言った感じです。

出演CMも数が多く、TEAM NACSのメンバーは、【大泉洋】を含めて、北海道ではほぼ毎日目にする機会があるほどです。

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫

地元北海道からブレイクした大泉洋

【大泉洋】は、北海道では知らない人がいない、大人気のスターで、タレント、俳優とマルチに活躍しています。

また、最近では、【大泉洋】は、エッセイを発売していて、地元北海道だけではなく、全国的に人気になっています。

たちまちベストセラーとなった【大泉洋】のエッセイには、北海道時代の苦労話もたっぷりと記載されています。

そして、【大泉洋】主演映画の探偵はBARにいる2ススキノ大交差点も大ヒットしていて、今や北海道の人気タレントだけではなくなりました。

彼自身、北海道が生んだスターであることは間違いないのですが、【大泉洋】は、俳優なのか、お笑いタレントなのかよくわからない部分があります。

肩書きさえはっきりしない【大泉洋】ですが、北海道から全国区へと駆け上がったスターであることは誰もが認めています。

しかし、【大泉洋】の人気は果たしてどこからくるのだろうかと考えた時、すぐに答えは浮かびません。

 

【大泉洋】の芸能活動の始まりは、今から約20年前の北海道の大学時代まで遡ることになります。

地元北海道で、【大泉洋】は、演劇研究会のメンバーとTEAM NACSを結成し、それが芸能活動スタートの足掛かりになります。

そして、北海道で在学中、【大泉洋】は、役者としての活動を続けながら、ローカル深夜番組に出演します。

深夜バスだけの旅や原付バイクで東日本を縦断するなど、【大泉洋】は、何でもありの企画に挑戦します。

その軽快なフリートークや物まね、神がかり的なハプニングなど、【大泉洋】は、天性のタレント性を北海道で発揮します。

地元北海道で、【大泉洋】は、1996年から2002年までの6年間、ラジオのレギュラー放送を持つことになります。

そうした活躍もあり、【大泉洋】は、北海道では知らない人がいないほどの人気タレントへと成長します。

 

【大泉洋】は、当時、北海道のCMやテレビ、雑誌に引っ張りだこの存在で、彼がデザインしたグッズなども販売されていました。

とにかく、北海道のスタートなった【大泉洋】に人気は凄く、彼がデザインしたスープカレーなども人気を博しました。

彼が手がけた作品がショップに並べられると飛ぶように売れ、まさに【大泉洋】は、北海道の大スターでした。

何より、【大泉洋】の親しみやすいおにいちゃん的な雰囲気が、地元北海道で愛されたのは言うまでもありません。

そして、北海道で人気者となった【大泉洋】は、初のレギュラードラマで、全国進出のきかけをつかみます。

その番組は、救命病棟24時で、【大泉洋】は、江口洋介、松嶋菜々子などの大物俳優に混じって、看護師役を好演します。

 

≪ジャニーズグッズの高額買取!全国対応+送料無料の宅配買取!!≫