タグ別アーカイブ: 竹内結子

竹内結子の結婚と離婚

【竹内結子】は、今をとくめく人気女優ですが、25歳の時、歌舞伎界の鬼才、中村獅童と結婚をしました。

それぞれのホームページで結婚を前提に交際していることを発表した2人ですが、【竹内結子】はこの時、既に妊娠していました。

いま、会いにゆきます、と言う作品で中村と共演した【竹内結子】は、映画で夫婦役として熱のこもったキスシーンを演じます。

観客の涙を誘った愛の物語でしたが、【竹内結子】と中村の愛は私生活でも続いていたわけで、そのまま結婚へと結びつきました。

映画の共演後、それぞれの仕事が一段落してすぐに、【竹内結子】と中村は、結婚し、ゴールインすることになります。

映画が公開されてから、【竹内結子】と中村は、アツアツムードに包まれていて、二人はすぐに結婚を意識していたようです。

【竹内結子】自身、ブログで、中村獅童と結婚を前提にしたお付き合いをしていることを公にします。

 

【竹内結子】の交際宣言に続いて、中村獅童も、この人を一生大切にしたい、と思い始めました、胸の内を綴りました。

これはまさしく、衝撃の結婚宣言であり、【竹内結子】は、後日改めてご報告させて頂こうと思っています、と結婚会見を予告しました。

心は少年時代と、中村は【竹内結子】の思いを表現していて、誰かを幸せにすることで人生を実感したいと述べています。

映画の共演が、明らかに二人の交際と結婚の大きなきっかけになっているのは事実で、【竹内結子】もそれを認めています。

【竹内結子】の所属事務所も、2人が結婚の意志を固めていることをすぐに認めていて、大きな発表となりました。

しかし、そんなラブラブの二人も、後に離婚することになり、【竹内結子】の結婚は何だったのかと言われるようになりました。

2人は、いま会いで初共演したのですが、関係者によると、【竹内結子】と中村に、親しげにする様子はなかったといいます。

 

【竹内結子】と中村は、映画の公開後にひんぱんに連絡を取り合うようになり、徐々に恋人関係に移っていきました。

映画は2人の代表作になったのですが、まさか【竹内結子】が中村と結婚するとはだれも予想しませんでした。

スタッフに【竹内結子】と中村の交際の報が伝わると、驚きの声があがったというから、関係者もわかりませんでした。

【竹内結子】と中村獅童の結婚は、衝撃的で、歌舞伎座での緊急会見で、竹内が妊娠3カ月であることを明かにしました。

前日、双方がホームページで唐突に結婚を発表したことから、【竹内結子】の妊娠は、大方、予想されました。

【竹内結子】と中村の結婚は、ファンにとってはガックリで、その後のスピード離婚は、やっぱりそうかという声もありました。

ママタレ竹内結子のすごさ

【竹内結子】というと、ママタレとしても有名ですが、彼女は好きなママタレアンケートで上位にランクインしています。

つまり、【竹内結子】は、ママタレとしても人気があるわけで、女優としてだけでなく、ママタレとしても定評があります。

【竹内結子】がママタレとして評価されているのは、生活感を感じさせないところがよく、いつも落ち着いている感じがするからです。

また、【竹内結子】は、自分から子育ての話をあまりしないところも、ママタレとして、高く評価されている理由です。

出産、離婚を経験して、独身のころより妖艶になって美しいというのも、【竹内結子】のママタレとしての評価の1つです。

松嶋の教育ママぶりは前から業界でも有名ですが、ママタレとして人気の【竹内結子】も、中々の教育熱心です。

【竹内結子】は、ママタレとして、教育熱心でも知られていて、中村獅童との間にもうけた長男は小学生になります。

 

【竹内結子】は、ママタレとして人気がありますが、子供には塾には行かせておらず、その代わりに月60万円の個人指導を受けています。

年間にすると720万円の計算になるわけで、ママタレ【竹内結子】は、子供のために破格の指導料を支払っています。

子供の教育には、【竹内結子】は、並々ならぬ情熱を傾けていて、ママタレぶりを多いに発揮しています。

月に60万というのはさすがに芸能人と言う感じで、これは【竹内結子】だからこそ、成せる技と言っていいかもしれません。

中村獅童さんとの離婚の際には慰謝料は発生しておらず、【竹内結子】がママタレとして、いかに稼いでいるかがわかります。

お受験は学力試験だけでなく、コミュニケーション能力を見るので、【竹内結子】の子供が合格するかどうかはわかりません。

個別指導にいくらお金を掛けても、ママタレ【竹内結子】の合格は難しいのでは、という声もあります。

 

【竹内結子】は、ママタレとしても最近有名ですが、彼女の子供は小学生で青学に通っているようです。

離婚した前夫、中村獅童さんとの間に【竹内結子】は男の子を授かっていて、子供は現在、小学校低学年みたいです。

ママタレ【竹内結子】の子供は塾ではなく、家庭教師に勉強を習っていて、費用が月60万位掛かっているというから驚きです。

年間720万は軽く超えているわけで、【竹内結子】の息子が小学校を卒業するころには、軽く家1軒は建ちます。

【竹内結子】の子供は青山学院に通っていて、青山学院は大学で有名ですが、小学校もあるのです。

青山学院は、幼稚園から初等部、中等部、高等部、大学までの一貫教育を実施していて、ママタレ【竹内結子】は、子供の教育に躍起となっています。

竹内結子の事務所

【竹内結子】の離婚をしかけたのは事務所といわれていて、稼ぎ頭であった彼女のできちゃった結婚は事務所にとって大きな打撃でした。

2006年、【竹内結子】にCMへ出演させた時も、育児を理由として仕事を避ける彼女に対して、事務所が説得したものです。

血のにじむような努力で事務所は【竹内結子】を説得していて、中村獅童の不祥事が重なって不仲説が浮上したのも事務所の画策です。

事務所にとっては【竹内結子】がイメージを損なわずに離婚してくれるというのが、最高の条件だったのです。

その前ふりとして、事務所は【竹内結子】の不仲説を報じておいたわけで、事務所の作戦は執拗なものでした。

実際、【竹内結子】はマネージャーを深く信頼していて、マネージャーに良く相談していたので、事務所の術中にはまりました。

マネージャーは相談を受けながら、【竹内結子】に対して、事務所の意向に沿って、巧みに離婚の方向へと進めていったのです。

 

【竹内結子】の離婚には当初から事務所の意向が働いていて、離婚することで損をこうむるのは中村獅童だけでした。

その他は全員が得をするようになっていて、事務所は一致団結して【竹内結子】の離婚を成立させようとしました。

もちろん、中村獅童も自分がまいた種なので、事務所の意向で【竹内結子】と別れさせられても文句は言えません。

速やかに離婚届に署名押印するしかなく、中村獅童はまんまと【竹内結子】と共に、事務所にしてやられたのです。

この騒動で最も得をするのは事務所で、【竹内結子】はまさに事務所に誘導されて離婚を迫られたと言っていいでしょう。

2006年9月から、【竹内結子】は、都内のマンションに長男を連れて戻っていて、これも事務所の画策と言われています。

中村獅童が家に帰らないので、公園に近い【竹内結子】の旧マンションが子供にとっていいと判断したのです。

 

【竹内結子】と中村獅童の間には、当初、離婚どころか、軋轢もなかったのに、事務所がそれを画策したのです。

子供にとって良かれと思った行動が、【竹内結子】と中村獅童のつながりを削ることになり、これも事務所の思惑です。

同じ家に住んでいる事実が2人をつなぎとめていたのに、事務所はそれをも【竹内結子】から奪いとったのです。

精神的なつながりを失っていく【竹内結子】の中で、中村獅童の不祥事が発覚して、事務所の策略と共に、離婚騒動へと発展したのです。

【竹内結子】を離婚に踏み切らせたのは、中村獅童の行動ですが、事務所の意向も大きく関わっています。

中村獅童はいきなり離婚までいくとは思っていなかったのに、事務所の作戦で、【竹内結子】と切り離されてしまうのです。

竹内結子の髪型チェンジ

【竹内結子】は、この秋、ブラック企業に立ち向かう労働基準監督官役で、新たな主演を務めることになりました。

10月から放送される連続ドラマ、ダンダリン・労働基準監督官に【竹内結子】は主演するのですが、その際、髪型が大きく変わりました。

日本テレビ系の主演を務めることが明らかになった【竹内結子】は、髪型が変わっていて、イメージチェンジを図っています。

日本テレビでの連続ドラマ初主演となる【竹内結子】は、12年ぶりにロングヘアをばっさりカットして髪型を変えたのです。

仕事に身をささげ、命を削って働く、と言う役柄をこなすため、【竹内結子】は思い切って髪型をチェンジしました。

見る人に対して何かを伝えたいという思いの強い【竹内結子】は、作品への意気込みは強く、髪型を新しく変えることで意気込みを示しています。

12年ぶりの髪型のイメージチェンジを図った【竹内結子】は。ちょうど、何かを変えたいと思っていたようです。

 

【竹内結子】は、新しいドラマで髪型を変えるのは、ちょうど良いタイミングだったと語っています。

彼女自身、髪形を変えると気分が変わると言っていて、【竹内結子】は新しいことをやるのにはいい機会だと発言しています。

新しい髪型に変えてから、【竹内結子】は、とにかくシャンプーの減りが遅く、乾くのが早くて便利と言っています。

実際に髪型をばっさりカットした【竹内結子】は、喜んでいて、新しいドラマは、人気マンガ作家から生まれたものです。

新しい【竹内結子】のドラマは、ダンダリン一〇一が原作で、間違ったことは見逃せない労働基準監督官の段田凛役を務めています。

西東京労働基準監督署に赴任した【竹内結子】は、男性監督官たちを巻き込みながら、ブラック企業に立ち向かっていきます。

台本を読んで、【竹内結子】は、労働者や経営者の立場に対して、思いをはせることが多くなったと言います。

 

【竹内結子】は、新しいドラマで、新しい一面を発信するため、変わったヒロインを演じています。

このドラマが働くということを考えるきっかけになれば、と髪型を新たにした【竹内結子】は語っています。

今回の役のために、髪型を変えてバッサリ切った【竹内結子】は、前から機会があれば切りたいと思っていたようです。

ビジュアルが同じになっているのを【竹内結子】は感じていて、今回のドラマの髪型は言い機会になりました。

髪型の変更は、【竹内結子】にとって、いいタイミングといい機会を得たと、自らコメントしています。

但し、今回の【竹内結子】の新しい髪型は、短髪によって、なんとなく老けたイメージになっています。

竹内結子とは

【竹内結子】とは、今や日本を代表する中堅女優ですが、彼女は、1980年生まれの今年33歳です。

女優として非常に人気の高い【竹内結子】は、埼玉県浦和市出身で、スターダストプロモーションというところに所属しています。

中学校卒業後、原宿でスカウトされた【竹内結子】は、1996年、堂本光一主演のテレビドラマに出演します。

新木曜の怪談と言うドラマで、快活なヒロイン役の女子高生役を【竹内結子】は演じて、女優デビューを果たします。

その後、【竹内結子】は、ドラマや映画などに色々と出演をしていて、1999年には、NHK連続テレビ小説のあすかに登場します。

そして2001年には、【竹内結子】は、白い影に出演していて、このドラマでは、ヒロイン役を務めています。

このドラマで【竹内結子】は、広く知られるようになり、翌年には、ランチの女王で、初主演を果たします。

 

【竹内結子】は、ランチの女王で、高い視聴率を得て、人気が爆発し、その魅力に多くの男性が魅了されることになります。

また、2003年には、映画黄泉がえりに出演していて、泣きたい夜には【竹内結子】というキャッチフレーズが生まれました。

最初の頃は、なんとなく元気なイメージの役柄が多かった【竹内結子】ですが、プライドでは、清楚なイメージな役もこなしています。

そして2007年公開の映画、サイドカーに犬で、【竹内結子】の演技は高く評価されることになります。

この映画で、【竹内結子】は、キネマ旬報ベストテン最優秀主演女優賞、日本映画批評家大賞最優秀主演女優賞などを総なめにします。

多くの賞を受賞した【竹内結子】は、2008年、月9ドラマの薔薇のない花屋で、ヒロイン役を好演し、大きな話題になります。

3年ぶりにドラマ復帰した【竹内結子】は、2009年、今度はアメリカABC制作のテレビドラマに出演します。

 

【竹内結子】は、2010年、スペシャルドラマのストロベリーナイトで主演を務め、女優としての地位を確立します。

初の刑事役に挑戦した【竹内結子】は、非常に巧みな演技で、見事に主演を演じきっています。

所属事務所の後輩でもある柴咲コウとは、【竹内結子】は、仲が良く、よく食事に行って交友を深めています。

柴咲の初武道館公演のLIVEにも【竹内結子】は駆けつけていて、女優、羽田美智子とも仲が良いと言われています。

貫地谷しほりとも、【竹内結子】はジェネラル・ルージュの凱旋で共演して以来の間柄で、その後、仲良くなっています。

【竹内結子】の魅力は、なんといってもあの輝くような笑顔で、彼女の笑顔はとても素敵で、引き付けられます。