松山ケンイチ演じる平清盛

松山ケンイチさんはNHK大河ドラマ「平清盛」に出演しています。
故松田優作さんといえばドラマ「探偵物語」が有名で、松山ケンイチさん主役の平清盛に出演している松田翔太さんの姿を観て、松田優作さんに重ねる方もいるでしょう。
松山ケンイチさんが出演しているNHK大河ドラマには、他にも実力派俳優が勢ぞろいしています。
さらに、平清盛である松山ケンイチさんの友人であり政敵でもある雅仁親王、のちに後白河法皇になる役に、松田翔太さんが抜擢されています。
ですから松山ケンイチさんのファンにとって、NHK大河ドラマ「平清盛」は見逃せないドラマでしょう。
また、松山ケンイチさん主演のNHK大河ドラマ「平清盛」にちなんだツアーへ申し込むときは、ネットを活用すると大変便利です。
ですから、松山ケンイチさんはNHK大河ドラマ「平清盛」に出演することによって、幅広いファン層を獲得すると思います。
数多くの様々な賞を松山ケンイチさんは獲得しているので、NHK大河ドラマ「平清盛」で主役を見事に演じきってくれるでしょう。
平清盛である松山ケンイチさんの親友である西行役には、藤木直人さんが抜擢されています。
藤木直人さんはドラマ「ほたるのひかり」に出演していた俳優さんで、大変な実力がありますから、平清盛である松山ケンイチさんを盛り立ててくれるでしょう。
松山ケンイチさん主演のNHK大河ドラマは毎年話題となり、撮影が行われた場所やゆかりの土地は観光名所になる傾向にあります。
平清盛である松山ケンイチさんのライバル役を演じている玉木宏さんは、ドラマ「のだめカンタービレ」に出演して注目を集めました。
松山ケンイチさんはNHK大河ドラマ「平清盛」で主役に抜擢される前から、演技に定評のある俳優として不動の地位を築いています。
そして平清盛である松山ケンイチさんのライバル役源頼朝には、玉木宏さんが抜擢されています。
NHK大河ドラマ「平清盛」が撮影された場所を訪れ、松山ケンイチさんがどのように演じていたのか、想像するのは大変楽しいでしょう。
しかも、NHK大河ドラマ「平清盛」内で、松山ケンイチさんは主役である平清盛を演じているのだとか。
平清盛である松山ケンイチさんの友人であり政敵でもある役を演じている松田翔太さんは、故松田優作さんの次男です。
ですから、松山ケンイチさん出演の平清盛に松田翔太さんも出演しているのを観て、お父さんと比べる世代もいるのではないでしょうか。
松山ケンイチさん主演のNHK大河ドラマ「平清盛」にちなんだツアーも、様々な旅行代理店で取り扱われています。
松山ケンイチさんが主役を演じるNHK大河ドラマは、毎年幅広い年齢層から注目されるドラマです。
ですから、松山ケンイチさん主演のNHK大河ドラマ「平清盛」が撮影された場所へ行ってみたいと考えている方は、旅行代理店のツアーを利用すると良いでしょう。
アイドルグッズ買取
松山ケンイチ買取

松山ケンイチの演技力

この2006年だけで、松山ケンイチさんは2つの新人賞を獲得していますから、演技力は高いといえるでしょう。
ですから、松山ケンイチさんは映画に主演するたびに、高い演技力で評価を得ているといえるのではないでしょうか。
NHKドラマは、朝の連続ドラマにしても、大河ドラマにしても演技が上手な役者さんが抜擢されますから、松山ケンイチさんの演技も評価されたといえるでしょう。
松山ケンイチさんの演技の評価は高く、2006年には報知映画賞の新人賞を獲得しています。
受賞のきっかけとなった作品は映画「男たちの大和/YAMATO」と映画「デスノート」で、松山ケンイチさんの演技が高く評価されました。
映画「デスノート」は私も観ましたが、松山ケンイチさん演じる「L」は印象強く、演技が上手でなければあそこまでインパクトある「L」は演じられなかっただろうと思います。
同じ年、映画「男たちの大和/YAMATO」で日本アカデミー賞の新人賞も、松山ケンイチさんは獲得しています。
そして、翌年、映画「男たちの大和/YAMATO」「デスノート」、「親指さがし」で松山ケンイチさんは最優秀新人賞を獲得しています。松山ケンイチさんは演技に定評のある役者さんです。
様々な賞を獲得している松山ケンイチさんの演技は高く評価され、現在はNHK大河ドラマ「平清盛」で主役の平清盛を演じています。
2007年だけで、松山ケンイチさんは3つの賞を獲得していますから、まさに演技派俳優といえるのではないでしょうか。
また、松山ケンイチさんがイケメンということでファンになったという方も、様々な賞を獲得するのを見て、演技にも注目するようになったのではないでしょうか。
さらに、同じ2007年には「デスノート前編」で、松山ケンイチさんは日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を獲得しています。
松山ケンイチさんの演技力があれば、充分、NHK大河ドラマの主役は務め上げることができるでしょう。
その後2008年、2009年と、毎年のように松山ケンイチさんは賞を獲得しているので、高い演技力を評価されているのは間違いありません。
小雪さんと結婚し、長男も誕生した松山ケンイチさんは、これからも演技に磨きをかけて活躍すると思います。
松山ケンイチさんの演技力で注目されているのが、NHK大河ドラマ「平清盛」です。
NHK大河ドラマは毎年、老若男女を問わずに話題となるドラマで、松山ケンイチさんの演技力にも注目が集まっています。
2011年には映画「マイ?バック?ページ」「GANTZ」「うさぎドロップ」「ノルウェイの森」で、松山ケンイチさんは日刊スポーツ映画大賞の主演男優賞を獲得しています。
松山ケンイチさんは身長が高くスレンダーなので、モデルとして活躍されていた経歴がありますが、これだけ賞を獲得していれば、演技派俳優としても充分通用するでしょう。
アイドルグッズ買取

松山ケンイチのCM

松山ケンイチさんは様々なCMにも登場して活躍しています。
ロッテの「キシリトールガム・プライムミント」のCMは、松山ケンイチさん演じる映画デスノートの「L」とのコラボだったのだとか。
翌年には、NTTドコモのCMに松山ケンイチさんが登場します。
グリコのCMには毎回人気の俳優やタレントが抜擢されますから、松山ケンイチさんは時流に乗っていたといえるでしょう。
松山ケンイチさんが初めて登場したCMはKDDIの「ガク割、家族割り」です。
ですからデビュー当時は俳優松山ケンイチとしてではなく、モデルとして活躍されていました。
松山ケンイチさんが登場したグリコのCMといえば、昔、田原俊彦と松田聖子の共演で話題になったことがあります。
今では俳優松山ケンイチとしての印象が強いのですが、もともとはホリプロとBoon、パルコの共同企画で行われたオーディションでグランプリを受賞し、デビューした方です。
映画デスノートの「L」は常にお菓子を食べているといったイメージがありますから、ロッテがCMに松山ケンイチさんを抜擢したことに頷けてしまいます。
たくさんのCMに松山ケンイチさんは登場しているのですが、私が印象に残っているのはユニクロのCMです。
その後、松山ケンイチさんはグリコポッキーのCMに登場します。
松山ケンイチさんは、ロッテ、角川文庫、パルコといった企業のCMにも登場します。
そして松山ケンイチさんの登場するCMには、映画の役とコラボしているものもあります。
その後、数々の映画やドラマに松山ケンイチさんは出演し、CMにも抜擢されるようになったようです。
日産自動車の「リーフ」はエコな電気自動車で、松山ケンイチさんのイメージにぴったりだったでしょう。
画像も公開されているので、松山ケンイチさんのファンの方は、日産自動車のCMに注目すると良いでしょう。
松山ケンイチさんは演技力のある俳優で、映画の役どころのイメージをそのままにCMでも演じることができるので、コラボができるのでしょう。
松山ケンイチさんが現在出演しているCMは、日産自動車の「リーフ」です。
パルコ「夏のグランドバザー2008」は、こちらも松山ケンイチさん演じる役とのコラボだったのだとか。
ネット上では、松山ケンイチさんが出演している日産自動車のCMに関する情報が満載です。
松山ケンイチさんがモデルの花道を歩いているCMを観て、さすが以前はモデルだっただけあるなあと感心してしまいました。
漫画買取

佐藤健のウワサ話

【佐藤健】は、今、最も輝いている俳優なので、当然ながら、ウワサも色々あって、モテぶりを発揮しています。

実写版るろうに剣心の主役で人気となった【佐藤健】は、さまざまなウワサがあって、その1つは石原さとみとのキス画像です。

前田敦子とのウワサもり、【佐藤健】がカラオケで泥酔した彼女をお姫様抱っこしたところが目撃されて話題になりました。

出身高校の偏差値が相当高い【佐藤健】は、女子からモテモテなのは当然で、そうしたウワサが出ても当然です。

2012年、【佐藤健】と石原さとみは舞台ロミオとジュリエットで、それぞれ共演しますが、それがウワサの発端です。

その際、二人の距離が急接近し、舞台の打ち上げで【佐藤健】と石原さとみは寄り添うように隣に座っていました。

そして酒が進んで酔った二人はイチャイチャし始め、最後には【佐藤健】はキスをしてしまったのです。

 

【佐藤健】のウワサが多いのは、彼が共演者キラーと呼ばれているからで、石原さとみの時もそうでした。

周りにスタッフが同席していたにもかかわらず、【佐藤健】は石原さとみと堂々とキスをしたのです。

この行動にはさすがに周りはびっくりしたようで、【佐藤健】のキス画像は、まさにウワサの域を超えています。

打ち上げ時の画像は今はもう発見できませんが、【佐藤健】と石原さとみのウワサは本物であることに間違いありません。

舞台ロミオとジュリエットでのキス画像を見れば、【佐藤健】が役に入りきってしまっているのがよくわかります。

石原さとみは、ブログに【佐藤健】のことを書いていますが、完全に恋する乙女になってしまっています。

そして、最近では前田敦子とのウワサが【佐藤健】との間で取り沙汰されていて、実に困ったものです。

 

【佐藤健】のウワサはたくさんありすぎて処理しきれませんが、Q10で共演した前田敦子のことは触れずにはおれません。

ドラマをきっかけに仲良くなった【佐藤健】は、都内のカラオケ店で前田敦子を交えて合コンを行いました。

AKBを卒業して、恋したい発言をしたばかりの前田敦子にとって、【佐藤健】はかっこうの相手だったのかもしれません。

そのカラオケ店から泥酔状態で出てきた前田敦子をお姫様抱っこで自宅のマンションまで送り届けたのが【佐藤健】なのです。

前田敦子はAKB在籍時、山本裕典というイケメン俳優と付き合っていた経緯があり、【佐藤健】はそれを知っています。

彼女が苦しんでいたときに出会ったのが【佐藤健】で、前田敦子にとっては心の支えだったので、ウワサになっても仕方ないでしょう。

元モデルと間違われる佐藤健

【佐藤健】と言えば、モデルのような美しい顔立ちをしていますが、元モデルという経歴はないようです。

最近では、【佐藤健】は共演者キラーといわれていて、以前、ドラマで共演した、モデルの本田翼との交際疑惑があります。

しかしこれは噂の域に止まり、【佐藤健】との決定的な写真や報道スクープなどがない状態で何とも言えません。

共演する女優をすぐ狙う要注意人物と【佐藤健】は事務所から見られているようで、モデル並みの扱いです。

そんな人気のモテモテの【佐藤健】ですが、ドラマ版ROOKIESでの彼専用のモデルTシャツがあり、とても人気があります。

このモデル商品はオフィシャル商品で、コスプレしない人でも【佐藤健】ファンであれば楽しめます。

また、伊達メガネで【佐藤健】着用モデルがあり、これは仮面ライダー電王で着用した人気モデルです。

 

【佐藤健】の人気モデルメガネは、女性ともに着用可能で、大人気の仮面ライダー電王と同モデルのシャープなサングラスです。

とても人気の高いモデルで、数量限定なので、【佐藤健】ファンは、急いでゲットする必要があるでしょう。

最近では、完全なる首長竜の日に出演していて【佐藤健】は話題になっていますが、高校時代はどうだったのでしょう。

出身高校と性格について【佐藤健】を調べると非常に面白いことがわかり、それは通っていた高校の偏差値がとても高いことです。

これはネットで話題になっていたこともあり、【佐藤健】は、高校でモ、モデル並みに人気がありました。

しかし、そんな高校に通っていた【佐藤健】の性格は暗かったと、自身が高校時代を振り返っています。

【佐藤健】の出身地は埼玉県さいたまし岩槻区にあり、高校は進学校で、偏差値は普通科が66で理数科が67です。

 

【佐藤健】の魅力は、モデルのようなそのルックスにありますが、偏差値の高さも魅力の1つです。

ネットの書き込みや噂によると【佐藤健】は、理数科出身で、モデルのような甘いルックスとのギャップがまたいいのです。

高校時代については【佐藤健】は、ネクラで目立たない高校生でしたが、今やその人気は確かなものがあります。

ダンスやっていた【佐藤健】は、学校が終わったらダンスに行くという生活をしていたようです。

高校生に戻れたら、恋愛がしたいというモデル並みの容貌を持つ【佐藤健】は、今、その青春を取り戻すべく、日々を謳歌しています。

【佐藤健】は、懐に飛び込むのが上手いので、彼のルックスなら、女子もすぐになびくでしょう。

佐藤健と所属事務所

【佐藤健】は、綾瀬はるかとダブル主演した映画、リアル完全なる首長竜の日が話題となり、事務所を上げて賛美されました。

スイスで開催されるロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に出品されたことで、【佐藤健】の事務所は賑わいを見せました。

映画祭事務局から関係者、事務所に伝えられたもので、【佐藤健】の作品は、20作品と最高賞の金豹賞を争います。

日本外国特派員協会での試写会直前に吉報を聞いた【佐藤健】は、この作品は見ていただくことに意味があると思う、と述べました。

事務所の先輩である福山雅治主演の、そして父になるがカンヌ国際映画祭で審査員賞を獲得したばかなので、喜びもひとしおです。

今、日本映画が盛り上がっていると思うので、後に続けばいいと、【佐藤健】は意気込んでいて、事務所的にも大盛り上がりです。

そんな【佐藤健】ですが、前田敦子と合コンをして、前田敦子から告白して振ったのでは、というニュースが事務所に広がりました。

 

【佐藤健】は、モテぶりと本性が今、ニュースになっていて、事務所的にも今は大変な時期です。

るろうに剣心で共演した武井咲や舞台ロミオ&ジュリエットで共演した石原さとみとの交際も【佐藤健】は囁かれていいます。

人気若手女優に猛アタックした【佐藤健】は、事務所からもかなり注意されたという噂があるくらいです。

夜の街でビンタ事件も起こしていたという事実もあり、【佐藤健】は、事務所からは厳しい指摘を受けています。

仮面ライダー電王で共演した秋山莉奈とも【佐藤健】は熱愛が報じられていて、その時にも事務所に注意されています。

その当時は交際は隠しておらず、秋山莉奈が【佐藤健】のマンションに頻繁に通っていたのは事実のようです。

その後、【佐藤健】の人気がどんどん上がるにつれ、事務所などの周囲から熱愛交際が反対されるようになりました。

 

【佐藤健】は、最終的には秋山莉奈とは別れてしまうことになり、それも事務所側の意向が色濃く反映されています。

事務所から厳しく追求された【佐藤健】は、その後、彼女を作ることを辞めるようになり、その反面、火遊びが増えたようです。

男女問わず、懐に飛び込むのが【佐藤健】は上手く、礼儀も正しいのですぐに気に入られるようです。

グイグイ攻めるのではなく、ソフトな感じで攻めるので、女性は【佐藤健】のようなタイプに弱のです。

実際、【佐藤健】は共演者キラーとも呼ばれていて、共演した武井咲とはロケ先で親しげに話す姿がカップルにしか見えないと話題になりました。

しかし、武井咲とは交際には発展しておらず、【佐藤健】は事務所の意向で、彼女を作りにくい状況にあります。

佐藤健の画像

【佐藤健】は、スタイルもよくイケメンなので、画像でも人気が高く、あちこちの画像サイトに登場しています。

出身高校である越谷北の卒アル画像と卒業式の時の画像を比べてみると、【佐藤健】の髪型の違いがよくわかります。

この時の【佐藤健】の画像は、ドラマROOKIESに出演していた時の髪型とよく似ていますが、少し違います。

ROOKIESに出演していたのは【佐藤健】が19歳の頃で、卒業の1年後ぐらいになり、少し髪型が変わっています。

その頃の【佐藤健】の画像を見比べてみて、彼の演技などに注目してROOKIESを観てみるとまた新しい発見があります。

とてもクールでめちゃかっこいいと評判の【佐藤健】の画像は、女子からの受けが良く、多くのファンが画像を保存しています。

画像で人気の【佐藤健】は、とてもかわいいところがあって、決して顔がかっこいいだけではありません。

 

【佐藤健】の画像を見ていると、とても可愛くてかっこよく、彼はネコとじゃれて遊ぶのが好きだと言います。

また、ツンデレでもあるらしく、【佐藤健】の魅力は色んなところに隠されていて、それは画像からも見てとれます。

何と言っても【佐藤健】の演技力は素晴らしく、ドラマを見ていても圧倒的な魅力を感じてしまいます。

龍馬伝やMWという映画も素晴らしいですが、テレビで放送された【佐藤健】の悪魔のゲームという作品は最高です。

【佐藤健】の演技には凄く引き込まれるものがあり、彼の画像の魅力と共に非常に大きなポイントです。

まず、【佐藤健】が最初にブレイクしたのは、仮面ライダー電王に主演したとで、次がメイちゃんの執事に出演したときです。

龍馬伝は、若い女性ファンより、むしろ【佐藤健】をよく知らなかった男性視聴者から、高い評価を受けました。

 

【佐藤健】の画像が人気なのは、イケメンというのも大きいのですが、それ以上の何か違う雰囲気があります。

小柄で華奢、ダンスが得意な【佐藤健】は、とてもオシャレで、ジャニーズ系アイドル並の人気があります。

若い男性のファンも早くからついていたので、【佐藤健】の画像は、女子だけでなく男子からも人気があります。

男性の場合、ファッションリーダーとして【佐藤健】に対して憧れがあるようで、このことは見逃せません。

デビュー当時から演技のセンスがあった【佐藤健】ですが、最初はそれを重要視していたファンはいなかったでしょう。

【佐藤健】の画像は、演技と同じように高く評価されていて、思わず見とれてしまうような吸引力があります。

佐藤健のアクション

【佐藤健】の素晴らしいところは、アクションができるところで、るろうに剣心では、素晴らしいアクションを披露しています。

アクションに関しては、多くの人がツイートしていて、【佐藤健】のアクションは本物の力強さを感じさせます。

邦画とは思えない凄まじいスピードとリアルさが、【佐藤健】のアクションにはあり、実力を見せつけています。

まばたきする余裕がないくらいに【佐藤健】のアクションは長けていて、特に外印との戦いは秀逸という他ありません。

次から次へと繰り出される殺陣に目が追いつかないくらい【佐藤健】のアクションは磨きがかかっています。

るろうに剣心という作品は【佐藤健】のハマり役で、随所に繰り出されるアクションの数々は本当に圧巻です。

殺陣のシーンは本当に格好よく、【佐藤健】のアクションを見ていると、気持ちがどんどんと高まってきます。

 

【佐藤健】のアクションは、実に軽やかな戦闘シーンで、主題歌もカッコいいのが、るろうに剣心という映画です。

この映画は、アクション要素もあり、少年漫画を実写化しているので、【佐藤健】の魅力が満載されています。

時代劇としても良く、ただ戦うのではなく、主人公の心情を【佐藤健】がアクションと共にしっかり好演しています。

とても丁寧に描かれている映画作品で、【佐藤健】のアクションは、無理なくカッコ良く、見ていてすがすがしいです。

劇場版のるろうに剣心は、息もつかせぬ殺陣があり、【佐藤健】のアクションがあちこちに散りばめられています。

男性はサムライ魂を揺さぶられ、女性は【佐藤健】のかっこいいアクションに思わずしびれてしまいます。

まさに草食系最強の映画であり、【佐藤健】のアクションが満載されているので、見応え満点です。

 

【佐藤健】の主演映画は、メジャー系の日本映画で、ここまで剣劇アクションを魅せてくれた映画は他にありません。

実際、【佐藤健】の身体能力はハンパではなく、素晴らしい殺陣によるアクションは、剣劇を見事にこなしています。

まるでカンフー映画のような凄い素早さがあり、【佐藤健】は刀と刀を振り合って、激しく動き回ります。

ハイスピードアクションを展開している作品で、【佐藤健】のアクションを見るだけでもお金を払う価値があります。

この素晴らしいアクションの殺陣をたった2か月くらいで習得したというから【佐藤健】の才能には感嘆します。

【佐藤健】自身、この映画ではアクションが大変だったと述懐していて、動きを覚えるのも、実際動くのも大変だったと言います。

佐藤健の出演ドラマ

【佐藤健】と言えば、今をときめくトレンディ俳優で、お茶の間のドラマによく登場していて、とても人気があります。

プリンセス・プリンセスD(2006年6月28日-9月13日、テレビ朝日)河野亨 役
仮面ライダー電王(2007年1月28日-2008年1月20日、テレビ朝日) 主演・野上良太郎 / M・U・K・R・W・D良太郎 / 仮面ライダー電王 プラット・ライナーフォーム(声) 役
しにがみのバラッド。 第7・8・11話(2007年2月19日・26日・3月17日、テレビ東京) 市原カンタロウ 役
ROOKIES(2008年4月19日-7月26日、TBS)岡田優也 役
ブラッディ・マンデイ(TBS) 九条音弥 役 Season1(2008年10月11日-12月20日)
Season2(2010年1月23日-3月20日
メイちゃんの執事(2009年1月13日から3月17日、フジテレビ) 柴田剣人 役
MR.BRAIN 第4・5話(2009年6月13・20日、TBS) から 中川優 役
MWからムウから 第0章 悪魔のゲーム(2009年6月30日、日本テレビ) 主演・森岡隆志 役
ほんとにあった怖い話「顔の道」(2009年8月25日、フジテレビ) 主演・藤沢翔太郎 役
大河ドラマ 龍馬伝(2010年1月3日から11月28日、NHK総合ほか) 岡田以蔵 役
Q10(キュート)(2010年10月16日から12月11日、日本テレビ)主演・深井平太 役
冬のサクラ(2011年1月16日から3月20日TBS)稲葉肇 役
とんび(2013年1月から3月TBS) 市川旭役
ビター・ブラッド最悪で最強の親子刑事(2014年4月15日から 6月24日、フジテレビ)主演・佐原夏輝 役
天皇の料理番(2015年4月26日から 7月12日、TBS) 主演・秋山篤蔵 役(モデル: 秋山徳蔵)

今や映画やドラマで主役を張るまでに成長した【佐藤健】ですが、5年ほど前までは演技が下手と言われていました。

実際、人気ドラマのレギュラーでありながら【佐藤健】は、台詞もあまり与えてもらえないありさまでした。

2008年に放映されたドラマROOKIESの中では、【佐藤健】は、見せ場がないどころか、台詞も他の出演者に比べて異常に少なかったです。

なぜなら、【佐藤健】の演技が出演者の中で一番下手だったからで、それはプロデューサーも認めるところです。

実際、【佐藤健】自身、当時のことを、悪いところはハッキリ言ってくれたので、よかったと語っています。

しかし、【佐藤健】はその後、演技力に目覚め、俳優としての頭角を現し、色々なドラマに出演していきます。

 

【佐藤健】は、NHKドラマ、ハゲタカや、白洲次郎、そして大河ドラマの龍馬伝など、数多く出演しています。

そして、多くのドラマに出た【佐藤健】は、多くの賞を受賞していて、特にハゲタカは映画となって一気に脚光を浴びます。

ドラマで人気を博した【佐藤健】は、映画界にも進出し、るろうに剣心という作品で大ヒットを飛ばします。

この映画は、ドラマと違って拍力があり、主演の【佐藤健】をはじめ、青木崇高、香川照之、蒼井優など錚々たるメンバーが出演しています。

大河ドラマ龍馬伝で主要な人物を演じた俳優たちが、【佐藤健】と共に、ここでも顔を揃えています。

龍馬伝では人斬り以蔵と呼ばれた幕末の志士、岡田以蔵を【佐藤健】は熱演していて、それが映画にも繋がっています。

あまりにも可哀想であった以蔵をドラマで演じた【佐藤健】は、それが練習台であったかのように映画ではさらに生き生きとしています。

 

【佐藤健】は、いかにも彼らしい良い味を出していて、それはドラマや映画で彼の作品を見ればよくわかります。

一見優しく甘いイメージの【佐藤健】ですが、真がしっかりしていて、男らしい一面があり、それが魅力になっています。

また、ドラマでの演技力はかなり評価されていて、【佐藤健】は今後、ますますドラマに出てくるでしょう。

より男に磨きがかかるであろう【佐藤健】の将来はとても楽しみで、ドラマの主演も増えていくに違いありません。

できれば、ファンとしては、【佐藤健】に、ドラマで男気ある役をどんどんやってもらいたいものです。

初ドラマ出演から【佐藤健】は、周りの出演者に劣らない芝居をしていたので、才能があるのは確かです。

佐藤健の主演映画

【佐藤健】は、深夜放送の学園コメディ、プリンセス・プリンセスDでまず、俳優デビューを飾ります。

そして翌年、仮面ライダー電王で主演を務めて多くの人から注目を集めることになり、時の人となります。

その後、ROOKIESでブレイクした【佐藤健】は、ブラッディ・マンデイ、メイちゃんの執事など、次々と出演します。

また、ロッテのガムのCMで見せた【佐藤健】のダンスは素晴らしく、多方面から注目を浴びることになります。

そんな【佐藤健】は、NHK大河ドラマ龍馬伝で、人斬り以蔵こと岡田以蔵役を見事に演じ、演技力が高く評価されます。

映画にも【佐藤健】は数多く出ていて、ドラマから続く劇場版の仮面ライダー電王俺、誕生は人気となりました。

そして、映画ROOKIES 卒業や、GOEMON、TRICK 霊能力者バトルロイヤルなどにも【佐藤健】は出ています。

 

【佐藤健】の映画は好評で、BECKにも出演していて、最近では週刊少年ジャンプの漫画の実写映画版、るろうに剣心に主演しています。

1994年から1999年、週刊少年ジャンプで連載された話題の作品に、【佐藤健】は、映画作品として主演しています。

5,000万部を超える大人気コミック、るろうに剣心という実写映画化が決定し、【佐藤健】は主演を果たしたのです。

夏からクランクインした【佐藤健】の主演映画作品は、伝説の人斬りとして過ごした剣心が、維新以後、不殺の誓いをたてます。

町から町へ流浪の旅をしている、というところから始まる映画で、気になる主人公、緋村剣心役を【佐藤健】が務めています。

今回の【佐藤健】の映画主演起用については、剣心というキャラクターが、彼にピッタリ合ったからです。

過去の業を引きずりながらも愛くるしい笑顔が魅力で、女性読者も多かったので、【佐藤健】が映画主演に抜擢されたのです。

 

【佐藤健】は、自らの宿命と対峙しながらも暗くならず、安心させる笑顔で映画主演を好演しています。

映画のメガホンを取るのは大河ドラマ龍馬伝の大友啓史監督で、【佐藤健】のことはよく知っている人です。

龍馬伝で既に【佐藤健】とはタッグを組んでいて、息の合ったコンビネーションが映画でも生かされています。

映画るろうに剣心は実に爽快感が溜まらない一作で、主演の【佐藤健】のアクションと演技がとても秀逸です。

原作が大人気なので、ハードルが非常に高い作品にも関わらず、【佐藤健】は見事に映画主演を果たしています。

このハードルで違和感を感じさせないのはまさに【佐藤健】の凄さで、映画主演をはるのにふさわしい人材です。