ユン・サンヒョンとは

私はそれほど料理が得意ではないので、ユン・サンヒョンのように趣味が料理という男性に憧れてしまいます。
俳優だけでなく、ユン・サンヒョンは歌手デビューもしていて、最近では日本でコンサートも行われました。
また、ユン・サンヒョンの公式サイトのプロフィールによると、趣味は料理に山登り、釣りなんだとか。
韓流スターのことがほとんど分からない私は、初めてユン・サンヒョンという人を知ったのですが、韓国の木村拓哉と呼ばれているそうです。
最近注目を集めているユン・サンヒョンをブログやサイトなどで調べてみましょう。
ユン・サンヒョンの公式サイトやブログなどで写真を見てみましたが、木村拓哉に似ているかどうか、ちょっとよく分かりませんでした。
韓国は兵役があり、韓流スターの兵役がたまに話題になりますが、きっとユン・サンヒョンはデビューまでに兵役を終えているんでしょうね。
ユン・サンヒョンは、1973年9月21日生まれで、デビューは2005年ということなので、32歳でデビューということになります。
韓流スターって、かなり若い時にデビューする人が多い気がするので、ユン・サンヒョンのデビューはかなり遅いほうではないでしょうか。
韓国だけでなく、日本でも32歳のデビューといえば、遅いような気がしますね。
ユン・サンヒョンは32歳でのデビューということですが、それまでどんな仕事をしていたのか、ちょっと気になります。
2005年の百万長者と結婚する方法というドラマがデビュー作なのですが、実はユン・サンヒョンは歌手を目指していたんだそうです。
私の友人はユン・サンヒョンではありませんが、お気に入りの韓流スターが来日する度に、コンサートなどに行っていて、忙しそうです。
ユン・サンヒョンって、かなり遅いデビューではありましたが、現在は俳優だけでなく、韓国、そして日本でも歌手として活動しています。
ユン・サンヒョンだけでなく、最近ではたくさんの韓流スターが日本でコンサートを行っているようですね。
ユン・サンヒョンの日本公式サイトのプロフィールによると、身長182センチ、体重74キロなんだそうです。
私の勝手なイメージでは、ユン・サンヒョンってそれほど身長が高いというイメージではなかったので、182センチという身長に少し驚きました。
似ていると言われれば、似ている気もするし、ユン・サンヒョンの写真によっては全然違う気もするし・・・。
もしかするとユン・サンヒョンは釣ったお魚を自分で料理するのかもしれませんね。ユン・サンヒョンとは、最近注目を集めている韓国の俳優ですが、ご存知でしょうか。

ユン・サンヒョンの歌

このコンサートでユン・サンヒョンは日本でのデビュー曲最後の雨をはじめ、日本で4枚目のシングルとなる悲しみにさよならなど20曲を歌っています。
このユン・サンヒョン、韓国の木村拓哉といわれ、人気を集めているとのことですが、それほど似ていないと思うのは私だけでしょうか。
ユン・サンヒョンは、韓国だけでなく、最近では日本でも歌手としてコンサートなどの活動を行っています。
この最後の雨という歌は、中西保志の歌をリメイクしたものですが、ユン・サンヒョンだけでなく、倖田來未もリメイクをしています。
今後、俳優だけでなく、歌手としてのユン・サンヒョンの活動がますます期待されますね。
歌手を目指していたというだけあってユン・サンヒョンは歌もかなり上手で、注目を集めました。
その後、俳優としてだけでなく、ユン・サンヒョンは歌手としても活動を広げています。
ユン・サンヒョンも好きだったということは韓国でも最後の雨のような日本のヒット曲って人気があったということなんでしょうね。
日本でのユン・サンヒョンの歌手デビューは、2010年の最後の雨という歌ですが、この歌、懐かしいですよね。
元々歌手を目指していたユン・サンヒョンですが、デビュー作は、百万長者と結婚する方法というドラマで俳優としてデビューしています。
最後の雨って確かすごくヒットした歌だったように記憶しているのですが、倖田來未がリメイクしていたとは知りませんでした。
ユン・サンヒョンのデビューは2005年、32歳でのデビューとなり、どちらかというとかなり遅いデビューのように思います。
ブログやサイトなどを見てみると最後の雨はユン・サンヒョンが学生時代に聴いていた歌なんだそうです。
ユン・サンヒョンは、2012年2月から3月にかけて大阪、名古屋、そして東京でコンサートを行っています。
ユン・サンヒョンとは関係ないのですが、なぜか中西保志と中西圭三が混乱してしまうのは私だけでしょうか。
最後の雨と同様に、悲しみにさよならも、1985年に発売された安全地帯のリメイクですが、すごく懐かしいですね。ユン・サンヒョンは、1973年9月21日生まれの韓国の俳優、そして歌手です。
この悲しみにさよならもユン・サンヒョン以外にも島谷ひとみや黒澤萌などがリメイクしています。
今後、最後の雨、悲しみにさよならのほか、ユン・サンヒョンがどんな日本のヒット曲をリメイクするのか楽しみです。
その後、2009年にユン・サンヒョンが主演した、僕の妻はスーパーウーマンというドラマの中で歌を披露しました。
ユン・サンヒョングッズ買取
アイドルグッズ買取

ユン・サンヒョンのブログ

Amebaのオフィシャルブログってユン・サンヒョンだけでなく、色々な有名人のブログがあって、面白いなと思います。
Amebaのオフィシャルブログでユン・サンヒョンの最新情報を探してみましょう
ユン・サンヒョンは日本でも歌手デビューしていますが、日本語で歌っているので、もしかすると日本語の勉強もすごくしているのかもしれませんね。
結局ユン・サンヒョンが大学で何を専攻していたのかはブログやサイトなどを調べてみたのですが、あまりよく分かりませんでした。
ユン・サンヒョンを紹介しているブログなどによると、デビューまでアルバイトを含め、様々な仕事を経験したとのことですが、色々苦労もしたんでしょうね。
日本だけでなく韓国でも、32歳のデビューというのは、少し遅いような気がします。
ただ、ユン・サンヒョンは1973年生まれ、デビューは2005年なので、32歳でのデビューとなっています。
芸術の才能があったと言われるユン・サンヒョンは、高校時代、美術の先生からは美大へ、音楽の先生からは声楽家の道へ進むように勧められたそうです。
Amebaのオフィシャルブログを見てみると、ユン・サンヒョンの情報が書かれているものと、本人が書いたのかなと思われるものとがあります。ユン・サンヒョンに関して、ブログやサイトなどで調べてみると、俳優としてだけでなく、歌手としても注目を集めていることが分かります。
ユン・サンヒョンは、2005年に百万長者と結婚する方法というドラマでデビューしているのですが、元々は歌手志望だったということです。
ユン・サンヒョンのテレビなどの出演情報は、きっとスタッフの人たちが書かれているんでしょうね。
でも、ユン・サンヒョンが書いていると思われるブログって、韓国語で書いたものをスタッフが日本語に翻訳しているのでしょうか。
ユン・サンヒョンのプロフィールや最新情報は、日本語の公式サイトやオフィシャルブログなどで見ることができます。
ユン・サンヒョンだけではありませんが、他の韓流スターなども日本語でブログを書かれている人がいます。
もちろん、きっと誰かスタッフがチェックしたりしているとは思うのですが、それでも本人が書いているとしたらすごいなと思います。
ユン・サンヒョンなどのファンの人にしたら、日本語でブログを書いてくれると、より親近感が湧きますよね。
いくつかのブログ記事を見てみると、ちょっと不思議な言い回しになっていたりするので、ユン・サンヒョン本人が書いているのかもしれませんね。
ユン・サンヒョン以外の韓流スターをテレビで見たりしても、日本語で受け答えしていたりして、感心してしまいます。
ユン・サンヒョンのオフィシャルブログは、Amebaなのですが、日本語で書かれているんですね。
EGF美容液セルビック

ユン・サンヒョンのドラマ

ユン・サンヒョンオフィシャルクラブで先行予約すると、特典も貰えるとのことなので、気になる人はチェックしてみてくださいね。
ブログやサイトなどによると、ユン・サンヒョンのデビューの頃のプロフィール写真が木村拓哉に似ていたとのことですが、どの写真なのか分かりませんでした。
最近のユン・サンヒョンの写真を見てみると、個人的にはそれほど似ていないかなと思います。
公式サイトのプロフィールによると、ユン・サンヒョンの生年月日は1973年9月21日で、デビューは2005年となっています。ユン・サンヒョンという韓流スターが注目を集めているのですが、デビュー当時、韓国の木村拓哉と言われたというのをご存知でしょうか。
公式サイトやその他のブログなどによると、2005年の百万長者と結婚する方法というドラマのユ・ジナ役がデビュー作となっています。
2005年ということなので、ユン・サンヒョンが32歳でのデビューとなるのですが、少し遅いデビューと言えるようですね。
ユン・サンヒョンの公式サイトによると、公式サイトによると、ドラマ、シークレット・ガーデンのオフィシャルガイドが発売になるとのことです。
2007年の冬の鳥というドラマでは、チョ・ギョンウというマザコンの医者の役を演じ、注目を集めました。
ユン・サンヒョンは、デビューするまでアルバイトを含め、色々な仕事を経験したとのことなので、その頃の経験が演技に役立っているのかもしれませんね。
ユン・サンヒョンの公式サイトなどで最新情報を調べてみると、2012年4月5日からNHKのBSプレミアムでシークレット・ガーデンというドラマが放送されます。
ちなみに、このユン・サンヒョン主演の僕の妻はスーパーウーマンの原題は、内助の女王というそうです。
ユン・サンヒョン出演のドラマ、シークレット・ガーデンは、韓国では2010年11月から2011年1月にかけて放送されました。
このシークレット・ガーデンはユン・サンヒョンが出演しているだけでなく、ヒョンビンが軍隊入隊前に出演したドラマとして注目を集めました。
ユン・サンヒョンは、百万長者と結婚する方法というドラマでデビュー後、多くのドラマに出演しています。
ブログやサイトなどで、最近注目を集めている韓流スター、ユン・サンヒョン出演のドラマを調べてみましょう。
私はドラマを見ていないのでよく分からないのですが、内助の女王というドラマのタイトルの方が面白そうだなと思ってしまいました。
2009年に主演したドラマ、僕の妻はスーパーウーマンの中でユン・サンヒョンは、歌も披露しています。
元々、歌手志望でもあったユン・サンヒョンの歌は注目を集め、その後の歌手活動へとつながっています。
最近では、歌手としても注目を集めているユン・サンヒョンですが、最初は俳優としてデビューしました。
アイドルグッズ買取
中古車査定

ユン・サンヒョンのYouTube

ユン・サンヒョンだけでなく、色々な人の歌う最後の雨をYouTubeで聴き比べしてみるのも面白いかもしれませんね。
ユン・サンヒョンの歌を何曲かYouTubeで聞いてみましたが、日本語を上手に歌っていて、あまり違和感がなかった気がします。
ユン・サンヒョンの歌う最後の雨や悲しみにさよならなどをYouTubeで聞いてみませんか。
2005年に百万長者と結婚する方法というドラマのユ・ジナ役でデビューしたユン・サンヒョンは、2009年には僕の妻はスーパーウーマンというドラマで主演を務めています。
ユン・サンヒョンは、ホ・テジュンという役で、このドラマの中で歌を披露し、その後、韓国、日本で歌手デビューしています。
ユン・サンヒョンは、2010年3月、中西保志のヒット曲、最後の雨が日本での歌手デビューとなっています。
ユン・サンヒョンは、2012年2月15日には日本での4枚目のシングル、悲しみにさよならを発売しました。
ユン・サンヒョンの歌う最後の雨がどんな感じの歌になっているのか気になったので、YouTubeで調べてみました。
YouTubeでユン・サンヒョンの歌う悲しみにさよならを聞いてどこかで聞いたことのある歌だなと思ったのですが、安全地帯の歌だったんですね。ユン・サンヒョンは、韓国の俳優ですが、ドラマなど披露する歌も上手で、歌手としても最近、注目を集めています。
また、PVだけでなく、ユン・サンヒョンのインタビューやドラマのシーンなどもYouTubeで見ることができます。
32歳でのデビューということで、かなり遅めのデビューだったユン・サンヒョンですが、その後は多くのドラマに出演しています。
ちなみにユン・サンヒョンの日本デビュー曲、最後の雨は他にも色々な人がカバーしていて、他の人の歌う最後の雨もYouTubeで見ることができます。
ユン・サンヒョンのPVもたくさんYouTubeで見つかりますが、オフィシャルかどうかは分かりませんでした。
ユン・サンヒョンだけではありませんが、YouTubeって、手軽に色んな歌手の歌を聴くことができるので、とても便利ですよね。
どちらの曲も、私にとっては懐かしい感じで、すごく聞きやすかったですね。
最後の雨でもユン・サンヒョンって歌がすごく上手だなと思ったのですが、悲しみにさよならもなかなか上手だなと思いました。
特に海外の歌手になると、オフィシャルPVをYouTubeで見ることができる場合が多いような気がします。
ちなみにサイトやブログなどでプロフィールを調べてみると、ユン・サンヒョンは1973年生まれだということです。
YouTubeに登録すれば、気に入ったユン・サンヒョンのPVなどをお気に入りに登録できるので、お勧めです。
アイドルグッズ買取

ユン・サンヒョンの映画

ユン・サンヒョンは、2010年には日本でも歌手デビューをし、これまでに4枚のシングル曲を日本でリリースしています。
ユン・サンヒョンの映画出演の話は、2012年の2月から3月にかけて行われたコンサートツアーで発表されました。
もしかすると、サンデーソウルでは、きちんとした役名もなかったのかなと思ってしまいました。
それも、全く違うジャンルの映画だということなので、ファンとしては楽しみなのではないでしょうか。
デビュー当時ユン・サンヒョンは韓国の木村拓哉と呼ばれていたとのことですが、年齢も木村拓哉と近いですね。ユン・サンヒョンが最近人気を集めているとのことで、ブログやサイトなどで彼について調べてみました。
ユン・サンヒョンが出演する映画がどのような内容なのかは、まだ発表されていないのか、ブログやサイトなどでも見つけることができませんでした。
このファーストコンサートでユン・サンヒョンが語ったところによると、4月から2本の映画の撮影が始まるとのことです。
公式サイトやブログなどのプロフィールによるとユン・サンヒョンは1973年生まれ、デビューは2005年、32歳の時でした。
ブログやサイトなどを調べてみても、あまり詳しいことは分からず、ユン・サンヒョンの役はデート相手役となっていました。
ユン・サンヒョンのプロフィールによると、映画出演は、2006年のサンデーソウルという映画1本となっています。
その後、2011年6月にはユン・サンヒョンが映画に主演するというニュースがありましたが、キャンセルになってしまったようです。
この映画では、ユン・サンヒョンとチョン・ジョンミョンがダブル主演予定だったのですが、資金繰りなどの諸事情で撮影が遅れてしまったのが原因のようです。
ファンの人にとっては、ユン・サンヒョンの映画キャンセルは残念だったかもしれませんね。
現在、ユン・サンヒョンには日本語の公式サイトと、Amebaのオフィシャルブログがあり、プロフィールや最新情報などが紹介されています。
2005年にドラマデビューして以来、俳優だけでなく歌手としても活躍しているユン・サンヒョンですが、映画にはほとんど出演していないようですね。
2本も同時進行で撮影が行われるなんて、ユン・サンヒョンは大忙しですね。
私はこの映画を見たことがないのですが、ユン・サンヒョンは、このサンデーソウルでは友情出演となっています。
歌手としてだけでなく、俳優としてどんな役柄を映画で演じるのかユン・サンヒョンの今後が楽しみです。
また、ブログなどでもユン・サンヒョンについて書かれている記事を多く見つけることができます。
漫画買取
中古ドメイン買取

ユン・サンヒョンのファンクラブ

ユン・サンヒョンだけでなく、日本でも多くのアーティストがファンクラブを設立していますよね。
また、入会の時期に関わらず、ユン・サンヒョンファンクラブの会期は2012年8月31日までとのことですので、早くに入会する方がお得ですね。
基本的には、携帯電話やパソコンで会員サイトを見ることができる人が対象のようですが、別途料金で郵送サービスやFAXサービスもあります。
ユン・サンヒョンのように海外のアーティストの場合には、ファンクラブに入りたくても、なかなか入れないこともあるのではないでしょうか。
私はファンクラブに入っていないので、専用ページを見ることはできないのですが、公式サイトを見てみるとユン・サンヒョンのメッセージなども見られるようです。
英語でも難しいですが、ハングルとなってしまうと、いくら好きなアーティストのためでもかなり大変です。
ユン・サンヒョンの場合も、イベントなどの優先予約ができるようになっています。
ユン・サンヒョンのファンクラブは、公式サイトによると2011年9月1日から2012年8月31日までが第3期となっています。
私の友人はユン・サンヒョンではないのですが、韓流歌手のファンクラブに入りたかったそうですが、ハングルが読めず、諦めたそうです。
ユン・サンヒョンファンクラブの郵送サービスは5,800円、FAXサービスは5,500円の会費となっています。
また、ユン・サンヒョン公式サイトのファンクラブ専用ページのサービスを受けることができるようになっています。
でも、ユン・サンヒョンのファンクラブは日本語の公式サイトから、日本語で入会することができるので、嬉しいですよね。
ユン・サンヒョンファンクラブの第3期の会費は5,000円で、期間中いつ入会しても会費は同じということです。
ユン・サンヒョンファンクラブには、メールなどから申し込みができ、郵便振替などで支払いができます。
ユン・サンヒョンのファンクラブに入会すると、特製会員証やフォトカード、特製グッズ、会報誌などが貰えます。
私は、ファンクラブに入ったことがないので、よく分からないのですが、コンサートの優先予約など特典がたくさんあるようです。
ただし、郵送サービスやFAXサービスは全ての情報が貰えるのではなく、締め切りのある情報のみのようなので、あまりお得感がない気がしますね。
イベントやコンサートのチケットなどの優先予約もユン・サンヒョンファンクラブの専用ページから申し込むようになっています。
ただし、優先予約などでも応募多数の場合には、抽選になることがあるようです。
これから日本でのコンサートやイベントが増えそうなユン・サンヒョンなので、ファンクラブに入っているとお得かもしれませんね。
アイドルグッズ買取

ユン・サンヒョンの来日

ユン・サンヒョンの初来日をブログやサイトなどで調べてみたのですが、2009年8月と日本での歌手デビューの半年ほど前なんですね。
写真や動画などを見てみると、少し落ち着いた感じの俳優さんだなと思っていたのですが、ユン・サンヒョンのデビューは32歳の時だということで少し驚きました。
ユン・サンヒョンの初来日では、コンベンションとファンミーティングが行われ、そこで日本のデビュー曲となる最後の雨を披露しています。
中西保志のヒット曲、最後の雨は、ユン・サンヒョンだけでなく、様々なアーティストがカバーしていますよね。
でも、2005年にドラマでデビューして以来、ユン・サンヒョンは多くのドラマに出演し、人気を集めています。
2009年にはユン・サンヒョンは、僕の妻はスーパーウーマンというドラマで主演、またドラマで歌を披露したことで、歌手デビューを果たしました。
ユン・サンヒョンの初の日本ツアーは、2012年2月から3月にかけて行われました。
ユン・サンヒョンの来日情報は、公式サイトやオフィシャルブログなどで知ることができます。
You Tubeなどでユン・サンヒョンの歌を聞いてみましたが、確かにすごく上手で、コンサートなどで生で聞いてみたいなと思いましたね。
また、この来日の際には、NHKBSプレミアムで放送されるシークレット・ガーデンの公開記者会見にもユン・サンヒョンは出演しています。
現在ではオフィシャルブログや、日本語公式サイトもあるユン・サンヒョンは、来日するごとに日本語が上達しているのではないでしょうか。
日本語公式サイトから入会できるユン・サンヒョンのファンクラブでは、来日した際のファンミーティングやイベントなどの先行予約ができるようになっています。
デビューまでは苦労が多かったと言われるユン・サンヒョンですが、ドラマの主演から歌手デビュー、日本への来日、デビューと順調ですね。
ブログやサイトによると、ユン・サンヒョンの歌は定評があり、イベントの先行予約を求めてファンクラブに入る人もいるようです。
初来日以降、何度もユン・サンヒョンはイベントやファンミーティングなどで来日しています。
初の日本ツアーとなるブラックマウンテンは、大阪、名古屋、東京で行われ、7,000人のファンがユン・サンヒョンの歌を楽しんだとのことです。
韓国だからというわけではなく、32歳でのデビューというのは、日本でも少し遅い方ではないかなという気がします。
公開記者会見以外にも、ユン・サンヒョンは、シークレット・ガーデンのプロモーションに参加しています。
初の日本ツアーでユン・サンヒョンが語ったところによると、今後は映画の撮影などがあるとのことなので、次の来日は少し先になるかもしれませんね。
プロフィールによると、ユン・サンヒョンは1973年9月生まれで、俳優デビューは、2005年となっています。
資生堂HAKU

ユン・サンヒョンのNHKハングル講座

2012年4月より放送されるのは、ユン・サンヒョンが出演しているドラマ、シークレット・ガーデンです。
現在のハングル講座には出演していないようですが、ユン・サンヒョンは、2010年4月からのスキットドラマに出演していました。
ユン・サンヒョンは、歌手を目指していたというだけあって、歌が韓国の俳優の中でもすごく上手で、日本でのコンサートもたくさんのファンが詰めかけました。
ユン・サンヒョンは、NHKBSプレミアムで放送されるシークレット・ガーデンの公開記者会見にも出演しました。
ユン・サンヒョンは、NHKハングル講座に出演していた2010年には、日本で歌手デビューし、さらに注目を集めました。
ユン・サンヒョンの公式サイトを見てみると、NHKBSプレミアムで放送されるシークレット・ガーデンのオフィシャルガイドの発売が決定しています。
ちなみに、ユン・サンヒョンのファンクラブの会員には先行予約特典として、クリアファイルが貰えるとのことです。
ユン・サンヒョンが出演することで、ちょっとハングルを学んでみようと思った人もいるのではないでしょうか。
NHKBSプレミアムで放送されるユン・サンヒョン出演のシークレット・ガーデンで韓流ドラマを楽しみませんか。
2012年2月から3月にかけて行われたユン・サンヒョンの日本ファーストコンサートは、4月からNHKBSプレミアムで放送されるドラマのプロモーションも兼ねていました。ユン・サンヒョンの出演していた番組などをサイトやブログなどで調べてみると、NHKのハングル講座がありました。
ユン・サンヒョンだけでなく、数多くの韓流スターが日本で活躍する中、多くのファンがNHKのハングル講座で韓国語を学んでいるのではないかと思います。
シークレット・ガーデンは、韓国では2010年11月から2011年1月にかけて放送されていたドラマです。
このドラマは、ユン・サンヒョンが出演しているだけでなく、ヒョンビンが軍隊入隊前の最後に出演したドラマとしてもよく知られています。
ユン・サンヒョンの役は、歌手ということなので、ドラマの中でも歌うシーンがあるのかもしれませんね。
NHKふれあいホールで行われた公開記者会見には、ユン・サンヒョンだけでなく、主演のハ・ジウォンも出演したとのことです。
2011年春に軍隊に入隊したヒョンビンは、いませんでしたが、会見中に軍隊入隊前のインタビューが紹介されました。
最近、注目を集めているユン・サンヒョンと一緒にハングルを学べるのであれば、ますますファンは嬉しいかもしれませんね。
ちなみにユン・サンヒョンは、2010年12月に発売されたハングル講座の教材の表紙モデルにもなりました。
ちなみにスキットドラマとは、会話を学ぶための寸劇で、語学講座などで会話の実例を学ぶために演じられます。
EGF美容液セルビック

ユン・サンヒョンのコンサート

ブラックマウンテンというタイトルのユン・サンヒョンのコンサートツアーには、3か所で約7,000人の動員数でした。 色々ブログやサイトなどで調べてみると、ユン・サンヒョンは元々は歌手志望だったんですね。 私はユン・サンヒョンだけでなく、韓流スターのことはあまり詳しくないのですが、日本で歌手デビューしている韓流スターってかなりいるようですね。 歌手だけの韓流スターもいれば、ユン・サンヒョンのように俳優としても活躍している人もいます。 俳優としてだけでなく、歌手としても大活躍のユン・サンヒョンの次のコンサートツアーが楽しみですね。 ユン・サンヒョンの日本での4枚目のシングルとなる安全地帯のカバー曲、悲しみにさよならも披露されました。 ユン・サンヒョンは、高校時代には声楽家になるように音楽の先生に勧められたこともあるとのことです。 ユン・サンヒョンの日本でのファーストコンサートツアーは、2012年2月に大阪、3月に名古屋と東京で行われました。 なぜ、このコンサートツアーがブラックマウンテンというタイトルか、少し気になったのでブログやサイトなどで調べてみました。 ブラックマウンテン最後の東京公演では、約3,000人のファンがユン・サンヒョンの歌を楽しんだとのことです。 ユン・サンヒョンって、俳優としても活躍していますが、最近では日本でも2010年に歌手デビューし、歌手としてもすごく活躍しています。 ユン・サンヒョンは、日本語の歌も歌っているので、歌詞だけでなく、MCも日本語となると大変だろうなあと思ってしまいました。 アンコールでは、尾崎豊のI Love Youを韓国語で歌ったとのことですが、ユン・サンヒョンが歌う日本語のI Love Youも聞いてみたいですね。 ユン・サンヒョンのファーストコンサートツアー、ブラックマウンテンでは、デビュー曲、最後の雨をはじめ、20曲を歌ったとのことです。 ブログ記事などによると、夜に登山をした時に見た夜空の雰囲気が忘れられないので、その素晴らしさをファンの人たちと共有したいとユン・サンヒョンが決めたそうです。 コンサートに参加した人のブログなどを読むと、ユン・サンヒョンってコンサートの間、MCも日本語でしているんですね。 でも、最後の雨や悲しみにさよならって今の若い人は知っているのかなと思ってしまいました。ユン・サンヒョンのコンサートが2012年2月から3月にかけて行われたとのニュースをブログで見つけました。 その他にも、ドラマ、シークレットガーデンの挿入歌など韓国語の歌も盛りだくさんだったようです。 何人かの韓国の俳優兼歌手の歌を聞いてみたのですが、その中でもユン・サンヒョンはかなり歌が上手だなと感じました。

アイドルグッズ買取